logo

「次世代CDNサービス」、工場用間接資材販売EC大手のMonotaROで採用

日本ワムネット株式会社 2011年07月05日 10時45分
From PR TIMES



~ECサイトの運用管理の負荷を軽減し、高パフォーマンスなサイトアクセラレーションを実現~


大容量デジタルデータ伝送サービス事業を展開する日本ワムネット株式会社(東京都中央区、社長:福井 信之)は、当社が日本国内で提供する次世代CDNサービス「GigaCC CDN サイトアクセラレーションサービス」(以下GigaCC サイトアクセラレーション)が、工場用間接資材販売EC大手の株式会社MonotaRO(以下MonotaRO)に採用され運用を開始したことを発表します。

製造業・自動車整備業・工事業者向けに、消耗品・工場交換部品をはじめ、整備工具やタイヤ・足回り品、各種工事業関連用品、事務用品などを販売するMonotaROは、2000年10月に創業し、日本全国628,000件の事業所を顧客に持つ大手EC事業者です。利用者のニーズに合わせた120万点にも及ぶ工場用間接資材を、全国95%の地域に翌日配送することで、利用事業者の利便向上と経費削減に貢献しています。

MonotaROでは、サーバ負荷軽減・表示速度の向上だけではなく、ウェブ更新作業の効率化を目的として、「サイト全体」のアクセラレーションを実現するGigaCC サイトアクセラレーションを自社ECサイトに採用しました。

MonotaROのITサービス部/妻井氏は、『従来はオリジンサーバと、別に用意している画像配信用サーバの2つのサーバ内のコンテンツ管理を行う必要がありましたが、GigaCC サイトアクセラレーションの導入によってサーバを1つにすることが可能になり、業務効率を大幅に向上することができました』とコメントしています。加えてSSL通信もサポートされていることにも言及し、サーバを分けることなく「サイト全体」のアクセラレーションを可能とするGigaCC サイトアクセラレーションを高く評価しています。さらに、『配信速度のパフォーマンス・安定性の高さも、他のCDNサービスやクラウドサービスと比較して、非常に優れていたのが採用の決め手でした』と評価しています。

GigaCC サイトアクセラレーションは、独自開発された高機能・高性能なエッジサーバを効率良くネットワーク上に配置することで、キャッシュされたコンテンツのリアルタイムコントロールやリアルタイムレポートを可能とし、圧倒的なパフォーマンスと安定性を提供するだけではなく、静的・動的を問わないコンテンツ、SSLを含む「サイト全体」の高速配信を行うことが出来る、次世代型サイトアクセラレーションサービスです。





【GigaCC CDNサイトアクセラレーション Powered by Cotendo サービス概要】
GigaCC サイトアクセラレーションは、Cotendo社の独自技術により開発された、これからのCDNやサイトアクセラレーションに求められる全ての機能を提供できる次世代CDNサービスです。コンテンツ配信に最適化するためにOSやファイルシステムレベルから開発され、様々な機能が単一プラットフォーム上で動作することで非常に高いパフォーマンスを提供すると同時に、驚くほどシンプルな導入と運用を可能にします。静的コンテンツのみならず、販売機会などの損失を防ぎ、顧客満足度向上に繋がる「One to One」で生成される動的なコンテンツを含めた、『サイト全体の高速化』を高いパフォーマンスで実現できます。また、コンテンツの更新や削除、各種設定・変更作業を管理者用のウェブサイトから実行するだけでリアルタイムに行うことを可能とし、さらにサービスの利用状況もリアルタイムにモニターすることができるオープンな仕組みを提供しています。
関連サイト:リンク



【MonotaROについて】
会社名  株式会社MonotaRO MonotaRO Co.,Ltd.
設立年月 2000年10月
代表者名 瀬戸 欣哉
資本金  16億9,582万円(2011年6月30日現在)
所在地  〒660-0857 兵庫県尼崎市西向島町231-2 GLP尼崎3F
TEL    (06)4869-7111(代表)
URL    リンク

【日本ワムネットについて】
日本ワムネットは、住友商事株式会社(中央区、社長:加藤 進)の子会社で、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(千代田区、社長:有馬 彰)も出資する合弁会社。出版・印刷、エンターテイメント業界、放送・CATV業界、一般企業を対象に、大容量ファイルをセキュアに伝送・共有・保管するサービス事業とネットワークシステムの開発・販売事業を展開しています。

【Cotendo社について】
Cotendo社は、2008年設立、米国カリフォルニア州サニーベール市に本社所在の次世代CDNサービスを提供する事業者です。Sequoia Capital、Benchmark Capital、Tenaya Capitalの米国の有力投資会社が出資しており、従来から、Contents DeliveryやContents Managementサービスを開発・提供した経験豊富な経営陣により運営されています。詳細は、リンクをご参照ください。

【本件に関するお問合せ】
日本ワムネット株式会社 営業部 井澤・奥田・斉藤
 〒104-0033 東京都中央区新川1-5-17 パシフィックマークス新川9F
TEL: 03-5117-2150 FAX: 03-5117-2155
Email: cdn.sales@wamnet.jp   
Web: リンク

本リリースに記載の社名、製品名、並びにサービス名は各社の商標または登録商標です

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。