logo

Yahoo! JAPANとベネッセが連携 「進研模試」の結果を「Yahoo!学習」において閲覧できるサービスを開始

Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)と株式会社ベネッセコーポレーション(以下、ベネッセ)は、2010年3月より「Yahoo!JAPAN」内の「Yahoo!学習」において、ベネッセが大学等の情報を提供する等、連携を開始しています。このたびさらなる両社の取り組みとして、ベネッセが運営する全国の高校生向け「進研模試」(※1)の結果を「Yahoo!学習」上で閲覧できるサービス「スタディーノート」を、本日より全学年で開始しました。
「スタディーノート」の閲覧には、Yahoo! JAPAN IDと、「BYメール」(※2)への登録が必要です(いずれも無料です)。「スタディーノート」は、2011年度の「進研模試」(高校1年~3年生が対象)の結果より利用が可能です。
「スタディーノート」によってオンライン上で試験結果が閲覧できるようになることで、受験生は、「進研模試」を受験する際に志望校判定に設定していなかった大学に関しても判定結果を見ることが可能になります。また、これまでのデータの蓄積により成績の推移がひと目で分かり、さらに将来の成績を予測するなど、紙による個人成績票では実現できない機能を活用することができます。「スタディーノート」へのアクセスには、ベネッセから配布される「アクセスキー」が必要です。また、「BYメール」を通して、受験に役に立つ情報などの案内が届くようになります。
Yahoo! JAPANでは、2001年より「Yahoo!学習」を運営し、全国の大学や専門学校等に関する情報や、入試・資格情報や資格試験向けスクール、通学・通信講座情報など、学習に関する総合サービスを提供していますが、このたびベネッセの「進研模試」と連携することで、全国の高校生のYahoo! JAPANの利用促進をはかります。
ベネッセは、従来の自社で運営するWEBサイト「Benesse マナビジョン」に加え、Yahoo!学習上でも「進研模試」の結果閲覧が可能となることで、高校生の利便性を高めると同時に、一人ひとりに対応したサービスを提供してまいります。
両社は、今後ともインターネットを通じたより便利なサービスの開発を目指し、連携してまいります。

※1「進研模試」は、定期的な学力測定により、高校生の学力育成と進路選択を支援するためのテストです。全国最大規模の延べ受験者数489.4万人(2010年度)に基づく精度の高いデータや合格可能性判定を基に志望校選択、目標達成をサポートしています。
※2「BY(ベネッセ、Yahoo! JAPAN)メール」は、登録すると現在お使いのYahoo!メールにBYメール宛のメールも届くようになるサービスです。また、Yahoo!メール上の広告の非表示や迷惑メールのブロック、メールボックス容量の増量などの特典もあります。この特典を受けられる期間は高校在学中までとなります。

【Yahoo! JAPAN】リンク
ヤフー株式会社(市場名:東証1 部/JASDAQ、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996 年1 月31 日、代表取締役:井上雅博)が運営するYahoo! JAPAN は、1 か月あたり約5230 万人のユニークカスタマー数※と、1 日23 億6500 万ページビューのインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイル、スマートフォンなど多くのサービスを提供しています。
※Nielsen Online「NetView」、2011 年4 月、家庭もしくは職場からのアクセスによる。Yahoo! JAPANの各サービスの公開や更新についての情報は、Yahoo! JAPAN広報ブログ」「Twitter」でもお知らせしています。

Yahoo! JAPAN広報ブログ
アドレス:リンク
Twitterアカウント:Yahoo_JAPAN_PR

【株式会社ベネッセコーポレーション】
株式会社ベネッセコーポレーション(市場名:東証1 部・大証1部、銘柄コード:9783、本社:岡山県岡山市、設立年月日1955 年1 月28 日、代表取締役社長:福島保)は、「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」「進研模試」など国内外での教育事業、「たまごクラブ」「ひよこクラブ」といった雑誌や通販などの生活事業を展開し、子どもの成長や女性のライフステージを支援するサービス提供を行っております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。