logo

【東京開催】IFRS時代に求められるシステム要件セミナー ~今後10年を見据えた基幹システムとは~



パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社(本社:大阪市北区 代表取締役社長:前川 一博 以下:パナソニック電工IS)は、7月21日(木)に東京で『IFRS時代に求められるシステム要件セミナー~今後10年を見据えた基幹システムとは~』を無料開催いたします。
本セミナーでは、IFRS時代に求められるシステム要件やIFRSにおけるIT要件、有形固定資産の耐用年数の決定方法など、企業の意思決定に役立つポイントを中心に解説。あわせて、IFRS対応の完全Web-ERP「GRANDIT」をご紹介します。

【セミナーの要旨】
IFRS(国際会計基準/国際財務報告基準)は、決算業務のみならず、企業経営にも大きなインパクトを与える重要なテーマです。強制適用時期や要件が確定しないなかにあっても、その適用は、基幹システムを含めた企業の情報システムに大きな変革を迫る契機となっています。そして今、IFRS適用を前提とした基幹システム刷新を検討する企業は実際に増えています。しかし、たとえIFRSがきっかけだったとしても、今後10年の企業経営を支える基幹システムのあり方、姿をその構想に織り込むことは不可欠です。
本セミナーでは、基調講演で「IFRS時代に求められるシステム要件とか何か?」「今後10年を見据えたシステム像とはどのようなものか?」「どのようなアプローチでIFRSのIT要件を吸収していくべきか?」などを株式会社アイ・ティ・アールのプリンシパル・アナリストがレクチャーし、特別講演では、公認会計士が有形固定資産の耐用年数の決定方法など企業の意思決定に実際に役立つポイントを解説します。
また、IFRS強制適用時にも安心してご利用いただける、シンプルで高速な決算が可能となる経営情報基盤ソリューション「GRANDIT」もご紹介します。

(このような企業のご担当者さまにおすすめです)
●経営企画・経理・財務・情報システム部門の責任者のみなさま
●決算早期化を実現したい企業のみなさま
●ERP基幹システム更新をご検討中の企業のみなさま


セミナー詳細URL: リンク

【セミナー概要】
■東京会場
日  時:2011年7月21日(木)
時  間:14:30~17:15 (受付14:00~)     
会  場:パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社
      東京オフィス セミナールーム
      (MAP)リンク
主  催:パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社
共  催:株式会社アイ・ティ・アール 
     株式会社グローバル・パートナーズ・コンサルティング
協  賛:インフォベック株式会社 
定  員:50名 ※同業者様のご入場はお断りさせていただく場合がございます。
参加費用:無料

スケジュール:
14:00        受付開始
14:30        ご挨拶
14:30~15:30    基調講演
           『IFRS時代を乗り越える基幹システム』
15:30~15:45    休憩 
15:45~16:45    特別講演 
           『IFRS有形固定資産の耐用年数はどのように決定したらいいのか』
16:45~17:15    IFRS対応ERPソリューションのご紹介
           『完全WEB ERP GRANDIT + 高速決算ソリューション』
17:15        質疑応答

【セミナーに関するお問い合わせ先】
パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社 営業本部
担当:平山、村上  
TEL:03-4335-9547 
メール:sales@ml.panasonic-denkois.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。