logo

ワークアウトを始めたい、続けたい人のための“やる気を刺激する” WEBメディア&SNS『On your mark』がスタート

株式会社アルティコ 2011年07月01日 10時22分
From PR TIMES



株式会社アルティコ(東京都渋谷区、代表取締役社長 松田正臣)は、ワークアウトを始めたい、続けたい人のための新たなWEBメディア『On your mark』を2011年8月1日よりオープン致します。(同時にiPhoneおよびiPad に対応したアプリケーション『On your mark』をリリース予定)スポーツやワークアウトをさまざまな視点から紹介するオリジナルコンテンツと、ワークアウトを通じて同好の人々と繋がる、充実したSNS機能を持った新しいサービスを提供します。
 正式ローンチに先立ち、2011年7月1日よりティザー版サイトをオープン。日替わりでコンテンツを一部先行公開しています。(リンク)

8月1日の正式オープンからは、トレーニングやヨガなどのハウツー・コンテンツ、アスリートやワークアウトを愛好するアーティスト&タレントへのインタビュー、旬な書き手によるコラム連載など、ワークアウトを行う人に有益な“やる気”を刺激する、幅広い切り口のコンテンツをお送りします。
 ここ数年のランニング・ブームの再燃、ヨガや水泳、自転車人口の増加などカラダを動かすことが一つのトレンドとなっている現在の日本にフィットした、新たな視点のスポーツWEBメディアが誕生します。


【WEBサイト&アプリ名称】『On your mark』 (日本語表記時はオン・ユア・マーク)
【媒体URL】 リンク
*2011年7月1日(金)よりティザー版オープン。8月1日(月)より正式オープンとなります。
【アプリ対応機種】 iPhone および iPad
【Twitterアカウント】 リンク

●ティザーサイトに掲載された『On your mark』紹介文

On your mark
Sports as Culture
ワークアウトを始めたい、続けたい人のためのオンライン・メディア

08.01.2011 LAUNCH!!

最近、カラダ動かしてますか?
何もしてないけどいろんな意味でその必要性を感じていたり、
すでに毎週走ったり、トレーニングしたり、ヨガをしていたり。
On your markはそんな皆さんのためのスポーツ・メディアです。

運動することがカラダに良いことは言うまでもありませんが、
脳を活性化させるという臨床結果もあります。
つまりカラダを動かすことは、心身ともに健やかにするわけです。

“チューニングする”という表現もあるかもしれません。
例えば楽器なら、自分なりの音を奏でるために独自のチューニングをしたいものですが、
それは基本を理解してこその楽しみです。

スポーツも同じです。
走ったり泳いだり鍛えたりすることは、自分なりの方法でいくらでもできます。
でも効率良く理想に向かうためには、やはり様々な知識を持っていればいるほど効果は高いし、応用できて楽しみが増すはずです。

気に入った服を買うためにいろんなサイトや雑誌に目を通すように、
あるいは面白い映画や音楽を探すために友達と情報交換するように、
気持ちのいいカラダのバランスを作るためのパートナーとして、On your markは存在します。

「スポーツ」の語源には、気晴らし、楽しみ、遊ぶなどの意味があるそうです。
日々をさらに楽しむためのスタート地点。
On your mark――位置についたら、いよいよ始まりです!

●制作スタッフ
WEBメディア『DEFRAG』(リンク)の制作スタッフを中心に、雑誌『EYESCREAM』の元副編集長・坂野晴彦をはじめ、『SWITCH』の元編集長・内田正樹など個性的な編集者が参加。アートディレクターは自身もランニングを愛好し、広告など幅広く活躍する 小宮山秀明 (TGB deign.)が務めます。

・クリエイティブディレクター : 松田 正臣 (artico/DEFRAG)
・アートディレクター : 小宮山秀明 (TGB deign.)
・エディトリアルディレクター : 坂野晴彦
・アドバタイジングディレクター/エディター : 内田正樹
・コントリビューティングエディター : 小矢島一江 
・WEBディレクター : 佐伯聡俊(Black Bath) 他

●『On your mark』運営会社について
株式会社アルティコは長い間に培われたクリエイティブ能力とネットワークを活かして、幅広いコンテンツ制作やメディア開発を提案しています。

設立:2001年2月13日
代表取締役:松田正臣
URL:リンク
事業内要
・Webメディア:『DEFRAG』(リンク)運営
・Webサイト制作:主に動画コンテンツを軸としたサイト構築、サイトのメディア化、サイト内コンテンツの制作。
・映像制作:番組制作、音楽PV制作、企業VP制作などの従来の映像フォーマットに留まらず、webサイトに最適化したVP制作
・編集プロダクション:雑誌、書籍、企業PR誌の企画、編集、ライティング。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。