logo

【大阪開催】「事業継続のための現実的DR(災害対策)を考える」セミナー



パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社(本社:大阪市北区 代表取締役社長:前川 一博 以下:パナソニック電工IS)は、7月27日(水)に大阪で『「事業継続のための現実的DR(災害対策)を考える」セミナー~見えてきた新しい選択肢~』を無料開催いたします。
本セミナーでは、実践的BCP、BCMのあり方について、ならびに事業継続(BCP)対策の中で、ITサービス継続をどのように実現していくかについて、いくつかのヒントをご紹介いたします。


【セミナーの要旨】
現代の社会経済は、情報技術(IT)活用による様々な恩恵を享受している反面、ITへの依存度も急速に増大しています。
企業経営についても同様で、今や企業にとって情報システムは不可欠な存在です。その重要性が増すにつれ、不測の事態における事業継続の成否にも、情報システムは大きな位置を占めるようになりました。そのような中、東日本大震災という未曾有の災害を契機に、災害対策を改めて見直そうとする動きが活発になってきています。
本セミナーでは、実践的BCP、BCMのあり方について、ならびに事業継続(BCP)対策の中で、ITサービス継続をどのように実現していくかについて、いくつかのヒントをご紹介いたします。


(このような企業のご担当者さまにおすすめです)
●BCP(事業継続計画)に関心のあるみなさま
●DR(ディザスタリカバリ)に関心のあるみなさま

セミナー詳細URL:
URL:リンク



【セミナー概要】
日  時:2011年7月27日(水)
時  間:14:30~17:10 (受付14:00~)     
会  場:大阪富国生命ビル12階【アクセス梅田フォーラム】
     (大阪市北区小松原町2-4)
主  催:パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社
協  賛:イージェネラ株式会社      
定  員:50名 ※同業者様のご入場はお断りさせていただきます。
参加費用:無料

スケジュール:
14:00        受付開始
14:30        ご挨拶
14:35~15:25    基調講演【「事業継続」対策とコストの考え方】
15:25~16:05   【PANが変えるこれからのDR(ディザスタリカバリ)】
16:05~16:15    休憩
16:15~17:00   【「なぜ実現しない!?」DR検討で陥りやすいワナとは】
17:00~17:10    質疑応答

【セミナーに関するお問い合わせ先】
パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社
セミナー事務局 廣瀬・西山
TEL:06-6377-0262 
Email:saleswest@ml.panasonic-denkois.co.jp
お電話の受付は平日9:00~17:30とさせていただきます。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事