logo

電気ノイズ除去に優れたFingerTipタッチスクリーン技術を発表

STマイクロエレクトロニクス 2011年06月20日 10時51分
From PR TIMES



エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する
世界的半導体メーカーで、コンスーマ機器および携帯機器向けMEMS
(Micro-Electro-Mechanical Systems)の主要サプライヤ(1)である
STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、静電容量方式
タッチスクリーン(対角:最大10インチ)向けに、マルチタッチ機能を搭載した
1チップ・ソリューションを実現する新しいFingerTipテクノロジーを
発表しました。

STのMEMSセンサおよびFingerTipテクノロジーは、センサ素子を高性能な静電容
量検知回路に接続する類似アーキテクチャを共有しています。STは、アナログ&
ミックスド・シグナル・インタフェース技術のノウハウを活用し、静電容量の変
化をアトファラッド(10の-18乗 F)単位で検出し、システムをノイズから守る
画期的なアナログ・フロントエンドICを開発しました。

タッチスクリーン・アプリケーションは、ディスプレイ、システム、タッチ操作、
バッテリ充電器等から発生するノイズの影響を受けやすい性質を持っています。
特に低コスト・低品質な充電器は、数十ボルトにも達するノイズの発生源になり、
指でスクリーンにタッチした際の正常動作に影響を及ぼすことがあります。その
ような場合、電圧レンジが100V(最大振幅)、周波数レンジが1kHz~1MHzになる
こともある強い周期性ノイズがタッチスクリーン・コントローラICのアナログ・
フロントエンド部に進入すると、タッチ・イベントが起こったと誤認識されるこ
とがあります。

新しい静電容量方式FingerTipでは、32bit DSP(Digital Signal Processing:
デジタル信号処理)エンジンを用いてセンシングを行います。そのため、精度、
フレームレート、消費電力のパフォーマンスを低下させることなく、充電器から
のノイズの影響を除去することが可能です。また、ディスプレイから発生する
ノイズも除去するよう設計されており、「インセル型」および「オンセル型」の
ディスプレイでも使用することができます。

STのMEMS・センサ・高性能アナログ事業部ジェネラル・マネージャである
Benedetto Vignaは、次の様にコメントしています。「バッテリ充電器からの
ノイズは、タッチスクリーン特有の問題で、ユーザの操作性を低下させます。
MEMSセンサ用に開発したのアナログ静電容量方式インタフェースIPは、業界でも
当社がリーダーシップを確立しており、このIPはデジタル・フィルタ処理前の
ノイズ除去率の向上に役立っています。この新しいFingerTipテクノロジーは、
ハイエンドな携帯アプリケーションが必要とする応答時間の短縮、消費電力の
低減およびノイズ除去率の向上を実現します。」

FingerTipテクノロジーを採用したSTの新製品ファミリは、現在主要顧客におい
て評価中です。その利点は、細いペン先での手書き機能、極めて短い応答時間、
超低消費電力、ノイズの多い環境下における最も優れたリニアリティと精度を
実現する他、スマートフォンやタブレット端末(10インチ)に適した超小型
パッケージで提供されます。

(1) iSuppli社:H2 2010 Consumer and Mobile MEMS Market Tracker(2011年1月)

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な
技術力と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)
ポートフォリオ、戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することに
より、マルチメディア・コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて
他社の追随を許さないリーダーとなることを目指しています。
2010年の売上は103.5億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人: リンク
STグループ(英語): リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
APMグループ
TEL:03-5783-8250 FAX:03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。