logo

エレクトロニック・ライブラリーの ソーシャルメディア分析サービス「ELbuzzmo」に技術提供開始



【リリースサマリー】
--------------------------------
 株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:内山幸樹、以下 ホットリンク)は、株式会社エレクトロニック・ライブラリー(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大田康博氏、以下エレクトロニック・ライブラリー)が2011年6月20日より販売する、Twitter・ブログ・ネット掲示板などソーシャルメディア上の口コミ分析サービス『ELbuzzmo』(イーエルバズモ)への技術提供を開始しました。


【技術提供までの背景】
--------------------------------
 近年、消費者はTwitterやブログ、SNSやネット掲示板などソーシャルメディアの普及に伴い、これらを活用して様々な情報を不特定多数の人々に発信したり、購買の意志決定時の判断材料として取り入れたりしています。
 エレクトロニック・ライブラリーは、企業のIT化や、社会の情報化を推進する日本有数の事業として、新聞・雑誌記事の検索サービス『ELNET』(イーエルネット)を提供しています。このたび、新たにソーシャルメディアのクロス分析ツールとして『ELbuzzmo』のサービスを開始するにあたり、ソーシャルメディア分析におけるデータ収集量、技術レベル、及び実績を評価し、ホットリンクの技術を採用しました。


【主な提供技術】
--------------------------------
・Twitter上での露出指標(発言数・リーチ・フリークエンシー・ツイートGRP)を定量化する技術
・ユーザ毎の影響力を定量化する技術
・ツイートの情報伝播経路を可視化する技術
・クロスメディア分析技術(TVやネット上のニュースメディアから受ける刺激と、それに対する各ソーシャルメディアや検索数の反応を同時に分析する技術)
・著者の性別判定技術
・投稿記事の評判判定技術
・話題の内容を可視化する技術  など


【提供開始日】
--------------------------------
2011年06月20日(月)より提供開始


【利用料金】
--------------------------------
入会金10万円、月額10万円~。対象とするメディアにより料金は異なります。


【『ELbuzzmo』について】
--------------------------------
 『ELbuzzmo』は、Twitterや国内ブログ、ネット掲示板などの中から、企業・商品・サービスなどに関する口コミ情報をオンライン上で収集・分析できるASPサービスです。企業や商品に関するネット上の口コミ情報を把握し、消費者からの評判の分析や、実施したキャンペーンの反響測定などが可能です。
 

【株式会社エレクトロニック・ライブラリーについて】
--------------------------------
 株式会社エレクトロニック・ライブラリー(略称EL=イーエル)は、新聞・通信・出版各社発行の新聞雑誌記事を横断的に取り扱うデータベース事業会社として、1986年12月8日、電通、朝日新聞社、読売新聞社、NTTほか多数の株主の皆様のご協力を得て設立されました。


【株式会社ホットリンクについて】
--------------------------------
 ホットリンクは、ブログやTwitterをはじめとするソーシャルメディアのモニタリング及びデータ分析を得意とするエージェントテクノロジー企業です。クライアントのインターネットマーケティング活動を先端技術で支援いたします。
 主力製品は、国内のブログ・掲示板・Twitterなどソーシャルメディアから投稿される口コミ情報をリアルタイムに収集・分析することができる「クチコミ@係長(リンク)」です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事