logo

高レベル放射性廃棄物の最終処分施設を舞台にしたドキュメンタリー映画「100,000年後の安全」をビデックスJPで配信開始!

株式会社ビデックス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:柳下洋 以下 ビデックス)が運営する動画配信サービス「ビデックスJP」は、全国劇場公開中のドキュメンタリー映画「100,000年後の安全」を配信開始いたします。

「100,000年後の安全」は、2011年4月2日より緊急上映された、原子力発電所から出される高レベル放射性廃棄物の埋蔵をめぐるドキュメンタリー映画。監督のマイケル・マドセンが、フィンランドのオルキルオトにある世界初の高レベル放射性廃棄物の建設現場に潜入し、関係者のインタビューを交えながら、未来の地球の安全を問いかけるドキュメンタリー作品です。

ビデックスJPでは、6月16日(木)から配信開始。視聴料金は1,260円/48時間で販売いたします。

【販売サイト】
ビデックスJPのサイトはこちら : リンク
「100,000年後の安全」の販売ページはこちら :
リンク

【配信概要】
配信開始日 : 2011年6月16日
視聴料金 : 1,260円(税込)
視聴期限 : 48時間
配信形式 : ダウンロード配信
配信帯域 : 2Mbps

■株式会社ビデックスについて リンク
ビデックスは、映像に特化したコンテンツ配信ネットワーク(CDN)技術、TVの利便性を超えるユーザビリティを実現する映像プレイヤー技術、埋もれた映像資産を掘り起こすための映像ストアクラウドサービス技術、の3つの技術をサービス提供することにより、映像の視聴者だけでなく映像の作り手の協力を得て、優れた映像が活発に流通する社会の実現を目指しています。
また自社サービスとして、動画配信サイト「ビデックスJP」( リンク )を運営しており、アニメやドキュメンタリー、洋画・邦画など約7万本の作品を提供しております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事