logo

5軸検出が可能な最新のモーション検知モジュールを発表

STマイクロエレクトロニクス 2011年06月14日 10時39分
From PR TIMES



モーション検知アプリケーションの精度と信頼性を向上させる
ジャイロ・センサと加速度センサのコンボ・チップ
--------------------------------------------------------------------
エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的
半導体メーカーで、コンスーマ・携帯型機器向けMEMS
(Micro-Electro-Mechanical System)の主要サプライヤ(1)であるSTマイクロ
エレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、5軸検出が可能な統合センサ・
モジュールを発表しました。デジタル出力の3軸加速度センサと2軸ジャイロ・
センサを1個のパッケージに集積することで、検出精度および信頼性を向上させる
と共に、サイズおよびコストを低減します。そのため、携帯電話、ナビゲーション・
システム、ゲーム機器、その他多くの携帯型電子機器における高精度モーション
検知を利用したアプリケーションの新たな可能性を開拓します。

最新の高性能統合センサ・モジュールは、最大16gの加速度と、ピッチ軸および
ヨー軸(2)における最大2000dpsの角速度を検出します。加速度、及び角速度を検出
する構造体の先進的な設計が、優れた対称性および機械的・熱的負荷に対する耐性
を保証し、時間・温度変化において、0Gオフセット、ゼロレート、および感度に
関してクラス最高の安定性を実現しています。このモジュールには、既に12億個以
上の出荷実績があるSTのモーション・センサと同様のマイクロマシン製造技術が
活用されています。

STの新しい統合センサ・モジュールは、5種類の検出軸を1個のパッケージに備える
ことでシステムの堅牢性、高熱時の安定性および機械的な安定性が向上しているだ
けでなく、先進的パワー・マネージメント機能を搭載していることから、広範な
コンスーマおよび産業用アプリケーションに最適です。

最適なアプリケーションには、携帯電話、ゲーム機器、ポインタ、リモコン等の
スマート・コンスーマ機器における直感的ユーザ・インタフェース、先進的
ナビゲーション・システムにおける推測航法、携帯型電子機器における高性能な
省電力機能や自由落下検知、そして振動の監視・補正等が含まれます。

STの統合センサ・モジュールは、バッテリ駆動の携帯型機器の電力要件に対応する
ため、パワー・ダウン・モード、スリープ・モード、および内蔵FIFO(first-in
first-out)メモリ・ブロックを備えており、センサ・モジュールとホスト・
プロセッサ間の継続的な通信が不要です。この製品は、2.4~3.6Vの任意の電源電
圧で動作します。

現在、統合センサ・モジュール LSM320DLは入手可能です。価格については、STの
セールスオフィスまでお問い合わせください。

STの完全なMEMSポートフォリオの詳細については、
リンク をご覧ください。

(1)iSuppli社「H2 2010 Consumer and Mobile MEMS Market Tracker」、2011年1月
(2)ピッチおよびヨーは回転運動の種類です。ヨーは垂直軸を中心とする回転で、
ピッチは左右軸を中心とする回転です。


STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な技術力
と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)ポートフォリオ、
戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することにより、マルチメディア・
コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて他社の追随を許さない
リーダーとなることを目指しています。2010年の売上は103.5億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人: リンク
STグループ(英語): リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
APMグループ
TEL:03-5783-8250 FAX:03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事