logo

新しいタイプの位置情報サービスアプリ「スクエアクリップ」開始

飲食店情報サイト「ぐるなび」を運営する株式会社ぐるなびは、行った場所に“チェックイン”する従来の機能に加えて、これから行きたい場所を探すことができる、新しいタイプの位置情報(ロケーション)サービス「スクエアクリップ」を、iPhone用のアプリとして、6月10日(金)から開始いたします。

【POINT】
→ “チェックイン”に依存しない、新しいタイプの位置情報サービス
→ ユーザーがスポット情報のまとめ(パック)を自由に作成・共有
→ “行きたい場所を探せる”タウンガイド機能


「スクエアクリップ」は、ユーザーが自由にテーマを決めて、スポットのまとめ(パック)を作り、他のユーザーと共有できるサービスです。
パックはパソコンで簡単に作成でき、テーマの設定も自由自在。自分まで、友だちまで、全公開の3段階で公開の指定ができるので、用途に応じて使い分けることができます。
公開されたパックは他のユーザーと共有し、「イイネ」ボタンや「お気に入り」ボタン、コメント投稿などを利用することで、パックを軸としたコミュニケーションツールとして機能します。
また、パックの編集権の設定を変えることで、みんなでスポットを投稿するユーザー参加型パックの作成も可能です。
自分で作ったパックや、お気に入りのパックをiPhoneアプリで呼び出すことができ、位置情報を取得することで、近くのスポットを簡単に探すことができます。
実際に訪れたスポットにチェックインしたり、写真を投稿するといった従来の位置情報サービスにある機能も使えます。
開始時は、約150種類のパックと、160万箇所のスポットがあり、順次追加していきます。
以下、主なパックを紹介します。
■「電源が使えるカフェ」・・・日本全国の電源が使えるカフェ。スポット数441
■「そろそろ働こうと思う」・・・全国のハローワーク。スポット数593
■「悪天候でも楽しめる観光スポット」・・・天候に左右されずに安心して予定が立てられる観光場所。スポット数57
■「無料の動物園」・・・入場料が無料の動物園。スポット数29
■「相撲部屋ファイル」・・・相撲好きなら一度は行ってみたい相撲部屋。スポット数50
■「猫カフェでまったり★」・・・猫と一緒に飲食できる店。スポット数38
■「俺たちのガンダム」・・・ガンダム好きなら一度は行ってみたい場所。スポット数9

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事