logo

Android端末向けDRMソリューション「Acrodea Rights Guard」を提供開始

株式会社アクロディア(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:堤 純也、以下「アクロディア」)は、このたび、Android端末向けにコンテンツの著作権保護を行うDRMソリューション「Acrodea Rights Guard」の提供を開始しましたので、お知らせいたします。

【Acrodea Rights Guardの概要】
昨今、国内外で急速にシェアを拡大しているGoogle社のAndroid OSは、OS仕様が公開されておりアプリケーションを開発しやすく自由に配布、販売が出来ますが、セキュリティに関しては、著作権保護の対策が重要な課題となっています。

このような状況の下、アクロディアは、現在サービス提供中のAndroid向けきせかえサービス「きせかえtouch」※1やゲーム配信サービス「Gゲー」※2、アプリ配信サービス「スマセレ」※3等にコンテンツを保護するためのDRM(Digital Rights Management)機能を組込み、ゲームメーカー様やコンテンツプロバイダー様が安心してAndroidでコンテンツを提供できる環境をご提供しています。

このたび、これらの実績をもとに、アクロディアはAndroid上でコンテンツ配信サービスを行うコンテンツプロバイダー様向けに音楽やゲーム、映像等、アプリ内にあるデジタルデータの著作権を保護するDRMソリューション「Acrodea Rights Guard」の提供を開始いたしました。

「Acrodea Rights Guard」は、コンテンツ配信・管理からDRM機能までの、配信を含めたトータルパッケージをご提供するASP型サービスで、コンテンツプロバイダー様は初期の設備投資が不要でスピーディなサービス開始が可能となります。コンテンツの種別を問わず、配信時にDRMを施せ、配信サーバで自動的に暗号化を実施します。また、コンテンツ配信を管理するための管理機能を配信サーバ上で利用できます。

【Acrodea Rights Guardの提供範囲】
1.クライアント側の暗号・複合化/モジュール
2.ライセンス認証サーバ/暗号化機能サーバ
3.コンテンツ配信サーバ
(コンテンツプロバイダー様が保有されている配信サーバを利用するプラン「Acrodea Rights Guard Lite」は、上記1.2.のご提供となります。)

※1 「きせかえtouch」:Android端末向けきせかえサービス
サービス詳細はこちら リンク

※2 「Gゲー」:GMOインターネット株式会社と共同で展開するAndroid端末向けゲーム配信サービス
サービス詳細はこちら リンク

※3 「スマセレ」:ソフトバンクモバイル株式会社の提供するアプリとホーム画面をパッケージで提供し、簡単に一括カスタマイズできるAndroidの端末向けのサービス。当社は、同サービスに「Multi-package Instraller for Android(仮称)」を提供しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。