logo

セラーテム、連結子会社の電力インフラ整備プロジェクト受注に関するお知らせ

株式会社セラーテムテクノロジー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田 修)は、連結子会社である北京誠信能環科技有限公司(以下「北京誠信」)が北京広安基礎施設建設投資公司(以下「北京広安基礎」という)との間で、「北京市西城区南横東街送電インフラの地中化改造プロジェクト」に関する工事契約を締結いたしましたのでお知らせ致します。

1.背景及び概要
北京市政府は2010 年7 月13 日に「北京市架空入地工作方案」(北京市空間インフラの地中化に関する推進案)(政府通達番号:京政弁発[2010]29 号)を公布しました。北京の美しい街並みや、機能的な大都市空間を創出するために、北京市政府が提唱する「文化の北京、ハイテクの北京、自然環境の北京」を原則とし、北京市政府の主導で各行政区が組織し、企業が実施する方針で、北京市は送電線などの都市インフラの地中化を進めています。
「北京市架空入地工作方案」によると、第十二次五ヵ年計画(2011 年~2015 年)中に北京市「五環」内の主要幹線、重点地区の送電線などのすべてを地中化する計画になっております。

今回の「北京市西城区南横東街送電インフラの地中化改造プロジェクト」は、北京市西城区内の主要幹線道路である南横東街の送電インフラを地中化する工事で、西城区政府の重要な試験的プロジェクトに位置づけてられております。

当社は、過去に開示いたしましたように、完全子会社の北京誠信が中国北京市を拠点にIT事業、省エネ事業、スマートグリッド事業、地下鉄の電気工事など幅広く事業を手掛けております。これらの実績が評価され、今回北京誠信は、同プロジェクトを落札し、受注いたしました。当社グループはこのような政府の長期方針に基づく基礎インフラ案件の受注、実施していくことで更なる業務拡大を目指していく所存であります。

2.受注契約内容
北京市西城区南横東街送電インフラの地中化改造プロジェクトに関する工事契約
・ 事業主(発注者):北京広安基礎施設建設投資公司
契約概要:北京市西城区南横東街の送電インフラの地中化改造EPC 工事
・ 契約金額::1,585.973967 万人民元(日本円で約198 百万円)
・ 契約完了および納品予定時期:2011 年8 月16 日
(注)人民元の日本円への換算は、2011 年5 月30 日付けの中国外貨管理局による公表換算レートである100 円=8.0168 人民元によります。

3.事業主(発注者)の概要
会 社 名:北京広安基礎施設建設投資公司
事業内容:北京市西城区政府が設立する市政基礎インフラ整備を行う投資管理会社
設 立:1993 年6 月
住 所:北京市西城区宣武門外大街6 号

4.連結子会社の概要
(1) 商号:北京誠信能環科技有限公司
(2) 代表者:王暉(ワン フォイ)(当社の取締役が兼務しております。)
(3) 所在地:中国北京朝陽区姚家園路105 号観湖国際1 座9F
(4) 設立年月日:2004 年12 月
(5) 主な事業の内容:省エネ関連のIT 並びにサービスの提供、スマートグリッド事業等
(6) 決算期:12 月
(7) 従業員:404 名(2011 年4 月30 日現在)
(8) 主な事業所:中国北京市
(9) 資本金:70 百万人民元(日本円で約873 百万円)
(10) 大株主構成及び所有割合:科信能環(北京)技術発展有限公司(Celartem (Beijing)En-fortech Development Co.,Ltd. )100%(当社の100%連結子会社)

5.業績に与える影響
本契約の締結による売上高約198 百万円は、工事の進捗に応じて当期及び来期の売上高に計上する予定であります。売上の計上が利益に与える影響につきましては、現在精査中であり、判明次第改めてお知らせ致します。
以 上

■ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社セラーテムテクノロジー IR 担当
TEL: 03-6820-0740

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。