logo

FRONTIER、第2世代インテル(R) Core(TM) iプロセッサーを搭載した 14型液晶ノートPC新シリーズを発表

株式会社KOUZIRO 2011年05月27日 16時32分
From PR TIMES



株式会社KOUZIRO(本社:山口県柳井市柳井5984番地1、代表取締役:山田健介)(以下、KOUZIRO)は、最新インテル社製CPU
「第2世代インテル(R) Core(TM) iプロセッサー」搭載のノートPC・NMシリーズを発表します。
今回発表する新製品は、FRONTIERダイレクトストア(リンク)をはじめ、
全国通信販売窓口(TEL 0570-00-5530)にて2011年5月27日(金)に発売を開始いたします。

■製品の概要
第2世代インテル(R) Core(TM) プロセッサー搭載プラットフォームを採用し、NVIDIA(R) GeForce(R) GT540MやUSB3.0などの
最新技術が標準搭載。
 「バリュー」「スタンダード」「パフォーマンス」の3モデルが基本のラインナップとなっています。

「バリュー」モデルはインテル(R) Core i3-2310Mプロセッサー、2GB メモリ、250GB ハードディスク、
NVIDIA(R) GeForce(R) GT540M、14型 HD液晶を搭載した基本モデルで、Windows(R)7 Home Premium 64bit SP1 プリインストールで
6万9,980円となります。
「スタンダード」モデルはインテル(R) Core i5-2410Mプロセッサー、2GB メモリ、500GB ハードディスク、
NVIDIA(R) GeForce(R) GT540M、14型 HD液晶を搭載した基本モデルで、Windows(R)7 Home Premium 64bit SP1 プリインストールで
7万4,980円となります。
「パフォーマンス」モデルはインテル(R) Core i7-2620Mプロセッサー、4GB メモリ、500GB ハードディスク、
NVIDIA(R) GeForce(R) GT540M、14型 HD液晶を搭載した基本モデルで、Windows(R)7 Home Premium 64bit SP1 プリインストールで
9万4,980円となります。

さらに「スタンダード」モデルをベースとし、地デジチューナー/Blu-rayドライブを搭載した「地デジTV」モデルをご用意しました。
各モデルとも、大容量HDD/メモリやBlu-rayドライブなどへの変更も可能な豊富なカスタマイズメニューが魅力です。

■製品の特長
 「第二世代インテル(R) Core(TM) iプロセッサー搭載プラットフォーム」
第二世代インテル(R) Core(TM) iプロセッサー搭載プラットフォームを採用。チップセットはインテル(R) HM65 Express。

 「Windows(R) 7 32bit/64bit セレクタブルリカバリディスク同梱」
32bitから64bit、64bitから32bitへ自由に乗せ換えることができる「Windows(R) 7 32bit/64bit セレクタブルリカバリディスク」を
同梱しています。
※乗せ換える際にはディスク内のデータが削除されるため、実行の際には事前のバックアップをお勧めいたします。

 「動作状況に合わせてグラフィック性能を最適化」
NVIDIA(R) Optimus(TM) テクノロジーに対応した、NVIDIA(R) GeForce(R) GT540Mを搭載。ソフトウェアの使用状況によってCPU内蔵の
GPUとGeForce GT540Mを切り替えるので、より効率的にバッテリーを活用できます。

 「周辺機器を接続するインターフェースも充実」
USB3.0コネクタをはじめ、HDMIポートなど、最新の周辺機器との連携も可能。無線LANはIEEE802.11b/g/nに対応し、モバイルでも
高速な通信が行えます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。