logo

松任谷由実が初めて取り組むチャリティーソング「(みんなの)春よ、来い」5/18全世界に向けて配信スタート

株式会社EMIミュージック・ジャパン 2011年05月18日 16時54分
From PR TIMES



東日本大震災チャリティー企画 ユーミン×SONGS「(みんなの)春よ、来い」プロジェクトで制作中の、松任谷由実「(みんなの)春よ、来い」の第一弾配信が5月18日(水)より日本を含む全世界23ヶ国(今後、アジア各国にも配信予定)のiTunes Storeでの配信をはじめ、レコチョクなど主要サイトで配信いたします。この楽曲の収益は「NHK」を通じて「中央共同募金会」に託し、東日本大震災の被災者の方へ全額寄付いたします。
チャリティーとしての取り組みは松任谷由実としては初の試みになります。

2011年3月11日に発生した東日本大震災は日本に未曾有の被害を与えました。
この今も続く深刻な現実と向き合ったとき、松任谷由実として今何をするべきか、何が出来るのだろうか。様々な事をプロデューサーでもある松任谷正隆,スタッフらと共に会議を重ねました。そして、松任谷由実として「変わろうとする強さと、変わらない強さを」と言うメッセージを発信し、小学校の教科書にも載っていた代表曲『春よ、来い』を新録音し、コーラスに皆様に参加してもらい、みんなで元気になる新バージョンを制作することが決定しました。
制作にあたっては、連続テレビ小説の主題歌で縁が深いNHKと一緒に、来年までの長期スパンにわたり楽曲を作っていき、出来上がった楽曲を全世界に向けてインターネットで有料配信し、その収益を全額被災地に寄付することとなりました。

楽曲を共同制作するNHK「SONGS」では、4/15(金)から「(みんなの)春よ、来い」特設サイト
リンク) を開設。コーラス・パートである童謡「春よ来い、はやく来い」を日本の復興を願う気持ちを込めて歌っていただき、動画や音声での投稿をスタートしました。
既にこの企画に賛同いただいた多数の著名人の方々からも歌声が寄せられており、5月18日(水)に配信される第一弾では10名の著名人(いとうあさこ、角田信朗、木村佳乃、サンドウィッチマン、ミッツ・マングローブ、パパイヤ鈴木、ビビる大木、ベッキー、安田成美、YOU:あいうえお順 敬称略)の皆様の声と、応募いただいた皆様の声とで楽曲を制作しています。
この取り組みは継続して行い、集まった皆様の歌声を組み合わせ、随時新しいバージョンを制作し、来年春には参加していただいた全ての皆さんの歌声を乗せて完成させる予定です。

「(みんなの)春よ、来い」特設サイトでは、ユーミンからのメッセージ、ユーミンからの歌唱アドバイス動画、著名人の歌唱の様子、皆様から投稿いただいた動画などがご覧いただけます。皆様の投稿もお待ちしています。

■「(みんなの)春よ、来い」iTunes配信国一覧(世界23カ国 ※5/18現在)
オーストリア、オーストラリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、日本、ルクセンブルグ、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、アメリカ 他(アジア地域各国にも配信依頼中)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。