logo

日本テラデータ、DWH用プラットフォームの最上位機種Teradata Active EDW 6680/6650」を販売開始



日本テラデータ、DWH用プラットフォームの最上位機種「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6680/6650」を販売開始
- 仮想ストレージ技術とSSD/HDDのハイブリッド構成で、スピードと大容量データ処理を両立 -


日本テラデータ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉川幸彦、以下テラデータ)は、Teradataデータウェアハウス(DWH)用超並列プラットフォームの最上位機種である「Teradata Active Enterprise Data Warehouse(Teradata Active EDW)」の最新機種、「Teradata Active EDW 6680」および「Teradata Active EDW 6650」を本日より販売・出荷を開始します。

Teradata Active EDW 6680は、ハイパフォーマンスなSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)と大容量のHDD(ハード・ディスク・ドライブ)のハイブリッド型ストレージを搭載し、業界唯一の仮想化ストレージ技術であるTeradata Virtual Storage(TVS)ソフトウェアを組み合わせ、より速いスピードと大容量データ処理を同時に実現します。また、Teradata Active EDW 6650は、HDDのみで構成するモデルを基本とし、従来機種であるTeradata Active EDW 5650よりも高い価格性能比を実現します。将来的にはSSDを追加して、ハイブリッド型へアップグレードすることができます。

Teradata Active EDW 6680の価格は最小構成で、ハードウェア、ソフトウェア込みで1億7000万円(税別 ※1)からです。またTeradata Active EDW 6650の価格は最小構成で、ハードウェア、ソフトウェア込みで1億円(税別 ※2)からです。リアルタイム性が求められるオペレーショナルBIや、大量データに対する複雑な分析が必要なデータマイニングやCRMなど、多数のアプリケーションを同時に稼動させることが必要な企業を中心に、直販およびパートナー経由で販売いたします。

■Teradata Active EDW 6680:
Teradata Active EDW 6680は、初めからSSDとHDDのハイブリッド・ストレージが搭載され、TVSが実装されています。SSDとHDDを混在させたストレージをTVSで最適化することで、従来のHDDベースのモデルと比較して、単位データあたりのパフォーマンスは最大4倍向上し、同等パフォーマンスにおける設置面積と消費電力はそれぞれ75%削減できます。Teradata Active EDW 6680は最大36PB(※3)までの拡張が可能であり、データセンターのコストを削減しながら、さらに速いスピードでの分析を必要とする場合に最適なモデルです。

■Teradata Active EDW 6650:
HDDベースのTeradata Active EDW 6650は、従来モデルに比べより高い価格性能を発揮し、過去6世代のTeradata Active EDWプラットフォームとの共存を可能する、最大92PB(※3)までの拡張が可能なモデルです。HDDのままシステムを拡張することはもちろん、将来的にSSDとTVSを追加導入できるため、Teradata Active EDW 6680と同等性能にアップグレードすることが可能です。またキャビネット構成の改善により、従来のモデルと比較し、同等パフォーマンスにおける設置面積と消費電力はそれぞれ25%削減できます。

■Teradata Virtural Storage:
DWH上のデータは、鮮度や種類によってアクセス頻度が異なり、一般的には60%のアクセスは25%のデータに集中します。TVSは、頻繁にアクセスされる「ホットデータ」はパフォーマンスの優れたSSDへ、そしてあまりアクセスされない「コールドデータ」は大容量のHDDへ自動的に格納します。またTVSは時間と共に変化するデータの使用状況を監視し、温度が変化したデータを自動的に適切なストレージへ移行します。データ移行に伴うシステム負荷は1%以下に抑えることもできるため、本番環境に影響を与えることなく常に最適なデータ配置が実現されます。

テラデータでは、企業のトップから現場の担当者までが迅速な意思決定を行う情報基盤環境を「アクティブ・エンタープライズ・インテリジェンス(Active Enterprise Intelligence: AEI)」として推奨しています。今回発表の2機種は、このAEIの考え方をさらに容易に具体化する製品として位置付けています。メモリー・データベースに匹敵するパフォーマンスと大容量データの両立を可能にするこの2機種は、DWH専業企業としてのテラデータならではの解であり、ますます増え続けるデータをさらに効率よく処理するためのエンタープライズDWH基盤として活用していただけます。

(※1)Teradata Active EDW 6680: H/W構成・・・1ノード+1ホット・スタンバイ・ノード(CPU 使用率 50%)、ユーザーデータ容量4TB(非圧縮)、管理ワークステーション
S/W構成・・・Teradataデータベース、Teradataユーティリティ(データロード・ツール、接続ツール、管理ユーティリティ)
(※2)Teradata Active EDW 6650C: H/W構成・・・1ノード+1ホット・スタンバイ・ノード(CPU 使用率 50%)、ユーザーデータ容量4TB(非圧縮)、管理ワークステーション
S/W構成・・・Teradataデータベース、Teradataユーティリティ(データロード・ツール、接続ツール、管理ユーティリティ)
(※3)1PB(ペタバイト)は、1,000TB(テラバイト)です。
 
# # #

◆リリース全文(キャビネット構成、仕様、TVS説明図含む)掲載ページ
リンク

◆Teradata Active EDW 6650 / 6680 紹介ページ 
リンク

# # #


■Teradata Corporationについて
テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC)は、データウェアハウジング、データウェアハウス・アプライアンス、コンサルティング・サービス、および高度な企業向け情報分析技術を提供する世界最大規模の企業です。テラデータは世界60カ国以上でビジネスを展開しています。リンク

■日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。 リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事