logo

データセンターの仮想化技術「PAN Manager(R)ソリューション」の効果を体感できる 「Nextructure BRIEFING ROOM」オープン



 パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:前川 一博、以下:パナソニック電工IS)は5月17日、データセンターの仮想化技術の効果をご体感いただけるショウルーム「Nextructure BRIEFING ROOM(ネクストラクチャ ブリーフィングルーム)」を、東京オフィス(所在地:東京都港区)にオープンいたします。サーバ統合・ストレージ統合のショウルーム開設は当社として初めてのことです。
 当社は2010年11月から次世代情報システム基盤ソリューション「Nextructure」を展開しております。「Nextructure BRIEFING ROOM」は、「Nextructure」のキーテクノロジーのひとつである「PAN」を軸に、ITインフラ運用管理効率化・コスト削減をめざす企業が注目している“サーバの仮想化”のみならず、“データセンター全体の仮想化”を提案するショウルームです。ITインフラ運用管理コストを削減するイージェネラ株式会社のソリューション「PAN Manager(R) Software」適用製品を展示。短時間で容易に行えるサーバ設定やN+1(※1)のフェイルオーバ(代替サーバによる復旧)を実際に操作しご覧いただくことで、効率的かつ障害復旧に強く、DR (※2)にも有効な「PAN Manager(R)ソリューション」の効果をご体感いただけます。
 パナソニック電工ISにおいて、これまで「PAN Manager(R)ソリューション」を実際にご覧いただけるのは大阪府内の2拠点(※3)のみでした。今般の「Nextructure BRIEFING ROOM」はデモ機を備えた当社初のサーバ統合・ストレージ統合ショウルームであることに加え、東京でのオープンのため、首都圏のお客さまにもお気軽にお越しいただけるようになります。
 パナソニック電工ISは、「PAN Manager(R)ソリューション」を活用した自社のITインフラ統合に2004年より取り組んでまいりました。管理容易性・柔軟なサーバ構成・障害時対応などのITインフラ基盤合理化を実現してきた実績やノウハウを強みに、サーバ統合・ストレージ統合ソリューションを提案しております。今後、こうした「現場力」にもとづくソリューション提案の場として「Nextructure BRIEFING ROOM」を活用してまいります。


■「Nextructure BRIEFING ROOM」の概要
(1)名称             Nextructure BRIEFING ROOM(ネクストラクチャ ブリーフィングルーム)

(2)所在地            パナソニック電工IS 東京オフィス
                 (東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー22F)

(3)オープン日          2011年5月17日

(4)設備内容           ・イージェネラ製ブレードサーバ「Egenera BladeFrame(R)」
                  ・富士通製ブレードサーバ「PRIMERGY BX900」
                   + イージェネラ製「PAN Manager(R) Software for 富士通」
                  ・HP製ストレージ「3PAR InServ(R)」

(5)対象とするお客さまのイメージ ・システムの保有から利用へのシフトを図る首都圏の企業
                  ・システムの運用・保守の合理化をめざす首都圏の企業


■「Nextructure BRIEFING ROOM」紹介URL
   リンク


■エンドース・コメント
 イージェネラ株式会社 代表取締役社長 大木 稔

 イージェネラ株式会社は、パナソニック電工ISの「Nextructure BRIEFING ROOM」開設を心より歓迎いたします。
 この開設により、パナソニック電工ISは国内で唯一「PAN Manager(R)ソリューション」を東西でご体感いただける拠点を有することになります。
 東日本大震災以降、国内では非常時における事業継続性を担保するべく、DRを本格的に検討する企業が増加していると実感しております。「Nextructure BRIEFING ROOM」で、効率的かつ障害復旧に強く、DR にも有効な「PAN Manager(R)ソリューション」の効果をご体感いただけることを期待しております。


以   上


※本文に記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

■注釈について
  ※1 N+1
     複数(N)のサイトで待機用の1台のサーバを共有すること。
  
  ※2 DR(ディザスタ・リカバリ)
     災害などによって障害が生じたシステムを復旧すること。または、障害が発生した際に、効率よく迅速に復旧するための予防的措置や機能、運用体制。

  ※3 大阪府内の2拠点
     大阪IDC(所在地:大阪府門真市)、大阪中央データセンター(所在地:大阪府大阪市)

【この件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先】
  パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社 総務部 広報・IRグループ 松本・仲本・山田
  TEL. 06-6377-0100 FAX. 06-6377-0833 E-mail press@ml.panasonic-denkois.co.jp

【この件に関するお客さまからのお問い合わせ先】
  パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社 営業本部
  TEL. 03-4335-9547 E-mail sales@ml.panasonic-denkois.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。