logo

モバイル・ブロードバンドの急速な普及に伴い、次世代基地局用ICの性能を強化

STマイクロエレクトロニクス 2011年05月11日 10時37分
From PR TIMES



STの先進的LSIプロセスを活用し、
ダウン・コンバータおよびシンセサイザを集積することで、
優れた性能、高い柔軟性、低コスト化を実現
--------------------------------------------------------------------
エレクトロニクス分野における多種多様なアプリケーションに半導体を提供する
世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、
ワイヤレス・インフラストラクチャ機器メーカーが、より柔軟性の高い、
コンパクトな次世代モバイル・ネットワーク用基地局を低コストで実現する
ことを可能にする高度に集積されたSTW82100Bシリーズを発表しました。また、
同製品は、無線機器、各種計測機器およびワイヤレス・インフラストラクチャ・
アプリケーション全般等でも使用することできます。

ブロードバンド・サービスに対する需要が推進力となり、モバイル通信業界は
過去最高の成長を遂げています。モバイル・ネットワーク事業者は、14.4Mbit/s
以上のデータ転送が可能な高速通信サービス(HSPA/HSPA+)の導入を急速に
進めています。また、次世代高速通信規格3GPP-LTEの導入にも引き続き取組んで
います。Infonetics Research社は、数種類の基地局を必要とするLTEインフラの
市場規模が、2014年までに110億ドル以上になると予測しています。

RF周波数シンセサイザやダウン・コンバータ等、基地局の主要機能を1個の
デバイスに集積したSTW82100Bシリーズは、機器メーカーの高性能および
低コスト要求に対応しています。また、LTE等の新しい標準規格へ適合性は、
既に検証されています。この高度な集積レベルは、STの高品質BiCMOSプロセスに
よって可能になり、主要な性能要件をサポートしています。先進的なプロセス
技術を採用した同製品は、既に主要海外の基地局メーカーにより広く使用されて
います。

STのネットワーク/ストレージ製品事業部 マーケティング・ディレクターである
Flavio Benettiは、次の様にコメントしています。「この製品ファミリは、
RFアプリケーションに対するシリコン・ゲルマニウム(SiGe)集積の有効性を
表しており、ST独自のBiCMOS技術の可能性を実証しています。現在、STは、
光通信機器等の他の市場においても、BiCMOSプロセス・オプションを使用した
最大230GHz FT / 280GHz FMAXで動作する高速トランジスタを提供しています。」

STW82100Bシリーズ(STW82100B / STW82101B / STW82102B / STW82103B )は、
世界の基地局およびその他ワイヤレス・アプリケーションに広く使用されている
STのRF周波数シンセサイザIC(STW81102シリーズ)をベースにしています。
多様な動作モードが、高い柔軟性を実現しています。レシーバ・セクションで
使用する場合、アンテナ経路毎に専用LO(Local Oscillator)周波数
ジェネレータを設置するか、またはより伝統的なアンテナ・ダイバーシティ
方式で使用することが可能です。トランスミッタ・ループバック回路では、
優れた利得平坦性および外付けPINダイオードを駆動して最適な信号レベル・
キャリブレーションを実現する内蔵10bit DAコンバータのメリットがあります。

STW82100B の主な特徴
・高い入力リニアリティ
・変換利得:8dB
・ノイズ指数:10.5dB
・優れたスプリアス性能

現在、STW82100B は量産中で、VQFPNパッケージ(7mm×7mm)で提供されます。
単価は1,000個購入時に約6.00ドルです。大量購入時の単価については、
お問い合わせください。また、評価キットが近日中に入手可能になる予定です。

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な
技術力と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)ポート
フォリオ、戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することにより、
マルチメディア・コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて他社の
追随を許さないリーダーとなることを目指しています。
2010年の売上は103.5億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人: リンク
STグループ(英語): リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
Computer & Communicationセグメント
TEL:03-5783-8310 FAX:03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事