logo

エムオーテックスとPFUがIT資産管理の徹底ソリューションで協業



 エムオーテックス株式会社(代表取締役:高橋慎介、大阪市淀川区、以下MOTEX)と、株式会社PFU(代表取締役:輪島藤夫、東京本社:川崎市幸区、以下PFU)は、6年連続トップシェア(注1)のIT資産管理・ログ監視ツール「LanScope Cat6」と、国内で初めて(注2)スマートフォンなど携帯端末に対応したIT機器管理アプライアンス「iNetSec Smart Finder」を連携し、IT資産管理を徹底するソリューションを提供することで合意しました。本ソリューションは、両製品を取り扱うパートナーを通じてお客様に提供してまいります。

【LanScope Cat6とiNetSec Smart Finder製品連携について】
 多くの企業ではコンプライアンスやセキュリティ対策の一環としてIT資産管理ツールを導入しています。一般的なIT資産管理ツールでは、クライアントPCにエージェントを導入する必要がありますが、運用を継続しているなかで、エージェントが導入されていないクライアントPCが増えてくるなど、クライアントPCへのエージェント導入徹底が課題となっています。
 一方、ビジネスシーンにおけるスマートフォンやスレートPCの急速な利用拡大、MFP(多機能周辺装置)やネットワークスキャナなどIP接続される機器の多様化を背景とし、クライアントPC以外のIT資産管理の必要性もクローズアップされてきています。

 これらIT資産の管理に関する課題に対応するため、MOTEX とPFUは「LanScope Cat6」と「iNetSec Smart Finder」のシームレス連携による「IT資産管理の徹底ソリューション」を提供します。本ソリューションの特長は次の通りです。

1)クライアントPCへのエージェント導入徹底
「LanScope Cat6」のエージェントが導入されていないクライアントPCがネットワーク接続されると「iNetSec Smart Finder」が即時検知し自動遮断します。また同時に、クライアントPCに対してエージェント導入の必要性を案内し導入作業をガイダンスすることができます。これにより、運用管理者の負担なく、クライアントPCへのエージェント導入を徹底できます。

2)クライアントPC以外のIT資産管理の徹底
スマートフォンやプリンタなどのクライアントPC以外の社内のIT資産に関して、従来より「LanScope Cat6」のみで管理できました。しかし、手動登録が前提となっているため、把握漏れ・登録漏れの防止には難しい面がありました。今回のソリューションでは、「iNetSec Smart Finder」が登録されていないスマートフォンなどの携帯端末を自動検知・遮断するほか、ネットワーク上のIT資産を漏れなく検知・収集し、「LanScope Cat6」に自動登録します。これにより、運用管理者の負担なく、ネットワーク上の全IT資産を「LanScope Cat6」上で一元管理できます。

【販売目標】
今後3年間で300システム

【展示会情報】
本協業の一環として、下記要領にて展示会に出展します。

第8回 情報セキュリティExpo[春]

会期 2011年5月11日(水曜日)~13日(金曜日)
会場 東京ビッグサイトの両社ブースにて参考展示します。


【LanScope Cat6製品概要】
「LanScope Cat6」は資産管理から操作ログ管理・セキュリティ・ファイル転送・各種レポートと、ネットワークマネジメントに必要な機能を備えています。市場では6年連続トップシェア(注1)、2011年3月時点で5,600社460万クライアント以上(注3)の導入実績をもち、操作感や負荷の軽さに定評があります。

<機能一覧>(注4)
資産管理、操作プロセス管理、アプリケーション稼働管理、プリント・ログ、ファイル配布、Webコンソール、サーバ監視、アプリケーションID監査、リモートコントロール、ハードウェア・リモコン、不正PC検知、Webアクセス監視、デバイス制御


【iNetSec Smart Finderの製品概要】
「iNetSec Smart Finder」はPCやスマートフォン、プリンタなどのIT機器の見える化と、不正接続防止によるセキュリティ対策を実現するアプライアンス製品です。1センサーで複数のネットワークセグメントをサポートし、2010年11月の出荷以来、幅広いお客様に導入いただいております。

<機能特長>
「IT機器の見える化」は、ネットワーク上に存在する全てのIT機器を検知・把握します。PFUが独自に開発した「IT機器の自動識別機能」により、検知したIT機器を、PC、プリンタ、ネットワーク機器、携帯端末(注5)などの種別に識別します。
「不正接続防止」は、登録されていない持ち込みPCやスマートフォンなどの携帯端末を検知・遮断します。利用者や管理者に負担がかからないよう、遮断されたPCや携帯端末(注6)から直接ネットワーク利用申請ができます。

【ホームページ(商品の詳細について)】
・ LanScope Cat6 紹介ページ
リンク

・iNetSec Smart Finder紹介ページ
リンク

【商標】
・iNetSecはPFUの登録商標です。
・iPad、iPhoneは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。
・Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。
・その他、本文中の会社名・商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【注釈】
(注1) 出展:富士キメラ総研「2010ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」
(注2) IT機器管理製品として国内初、PFU調べ(2010年10月現在)。
(注3) MOTEX調べ(2011年3月現在)。
(注4) 各機能のパッケージについてはMOTEXまでお問い合わせください。
(注5) 「携帯端末」として識別される端末は、IP接続を前提とするiPad/iPhone, Android搭載端末です
(2011年4月現在)。
(注6) ブラウザが搭載された携帯端末となります。


<本件に関する問い合わせ>
エムオーテックス株式会社 営業推進部 Web・IT推進課
TEL:06-6308-8982
E-mail :press@motex.co.jp / MOTEXサイト:リンク

株式会社PFU アプライアンスソフトウェア事業部 パートナービジネス部
TEL:03-5404-7476
E-mail: inetsec-sales@pfu.fujitsu.com / PFUサイト:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事