logo

エフセキュアのクラウド型セキュリティソリューション、ソフトバンクBBのSaaS/ASPサービス「TEKI-PAKI」にて販売開始

エフセキュアのクラウド型セキュリティソリューション 「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス」 がソフトバンクBBの法人向けSaaS/ASPサービス 「TEKI-PAKI」にて販売が開始されました。

エフセキュア株式会社 (本社: 東京都港区、日本法人代表: 桜田 仁隆、以下 エフセキュア) が提供するクラウド型 セキュリティソリューション 「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス (※1)」 が、ソフトバンクBB株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長兼CEO: 孫 正義、以下 ソフトバンクBB) が提供する法人向けSaaS/ASPサービス 「TEKI-PAKI (※2)」 に採用され、2011年4月18日より販売開始されました。

企業におけるコンピュータ ウイルスなど外部からの脅威、情報漏洩に対するセキュリティ対策は、ウイルス拡散や損害賠償などのリスク回避などの観点から、多くの企業が実施していますが、攻撃手法は多様化、複雑化し、セキュリティの被害に遭う企業は後を絶ちません。これらの背景は、コスト削減の目的から無料ソフトを利用したり、専任管理者を置くことができないなどの理由から、管理サーバを設置し、ウイルス定義ファイルや修正モジュールを適宜充てるなどの適切な運用管理が行われていないことが原因として挙げられます。このような傾向は同サービスの主なターゲットである中小企業において顕著であるといえます。

「エフセキュア プロテクションサービスビジネス」を採用することで、ユーザ企業は多様化するセキュリティの脅威への対策を強化することができるほか、ライセンス管理に関わる手間の削減、セキュリティシステム導入に関わるコストの削減、更にはセキュリティ システムの運用管理に関する工数を削減することができます。

提供価格は、1ライセンスあたり月額400円 (税抜)、最低契約期間は3ヶ月、最低契約数は3ライセンスからとなります。年額一括払いも可能です。

----------------------------------------------------------------
※1 「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス」 は、10数年に渡りエフセキュアがクラウドビジネスで培ったノウハウを活かした、クラウド型のセキュリティ ソリューションです。パターンファイル、修正モジュールに加えソフトウェアまで全自動で保護対象端末側にアップデートするため、管理者はセキュリティ システムの運用管理に多くのリソースを裂く必要がありません。
Webベースの管理ポータルと、基本のウイルス、スパイウェア対策に加え、スパムメール対策、ファイアウォール、アプリケーション制御、ルートキット検知 (エフセキュア ブラックライト)、ゼロデイアタック対策 (エフセキュア ディープガード) など、企業で必要とされるセキュリティ対策機能を統合したワークステーション用モジュール、および基本機能に限定したサーバ用モジュールを提供します。
リンク

※2 「TEKI-PAKI (テキパキ)」 は、2007年1月に開始された、ソフトバンクBB株式会社が提供する法人向けSaaS/ASPサービスです。

同サービスは、導入から運用までをトータルでサポートするワンストップ ソリューションで、「セキュリティ」、「アプリケーション」、「コミュニケーション」、「プラットフォーム」の4つのビジネス用アプリケーションをASP方式で提供することで、費用や手間を大幅に削減することができます。同サービスの導入・運用、ならびに管理には専門的な知識は必要なく、またアプリケーションの更新手続が必要ないため、簡単に導入することが可能です。更に、複数のサービスを利用する場合もサポート窓口は1箇所に集約されているので、情報システム専任担当者がいない中小企業の場合でも、本来の業務に支障をきたすことなく、企業に必要とされるベーシックな各機能を利用することができます。

リンク

----------------------------------------------------------------
*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。