logo

導入・計測が難しかったモバイルサイトの解析がより簡単に。Web CUBE Mobile

株式会社コミクス 2011年04月22日 09時30分
From PR TIMES



SEOをはじめとした、WEBマーケティングサービスを提供する株式会社コミクス (東京都渋谷区、代表取締役:鈴木章裕)は、モバイルサイトの効果計測ツール「WebCUBE Mobile」をリリース致しました。

WebCUBE Mobileの特徴は下記のとおりです。

■導入が簡単

 モバイルサイトにつきましては、PCサイトと比較してJavaScriptやCookieの動作に制限があります。
今までのモバイル解析ツールは、その制限を補うため、計測するサイトのWEBサーバにモジュールなどをインストールする必要がありました。
そのため、(1)WEBサーバの環境によっては導入できない場合があり、また、導入できる場合でも工数がかかる(2)WEBサーバ自体のプログラムを変更する際に、サイトの表示・動作に悪影響を与える場合があるなど、弊害が生じておりました。
WebCUBE Mobileは、WEBサーバの環境に依存せず、また、WEBサーバに悪影響を及ぼすような作業を行うことなく導入できます。

■計測できるデータがPCと同程度

従来のモバイル効果計測ツールは、ページの表示回数と獲得件数しか計測できないなど、取得できるデータに制限がありました。
WebCUBE Mobileは、今までリスティング広告との区別が難しかったSEOの効果測定やモバイルでも重要性を増している間接効果の計測までPCと同程度の計測を実現しました。
効果計測が十分にできないという理由でモバイルの広告出稿などのプロモーションを控えていた企業にとっても、WebCUBE Mobileを導入して頂くことにより、積極的なプロモーション活動が可能になり、ひいては、モバイルマーケティング活動の発展に寄与します。

WebCUBE Mobileの代表的な機能は次ページの通りです。


1.SEO効果計測

 リスティング広告の効果がPCと比較してかなり劣るモバイルにおいて、SEOがより重要性を高めるのに伴い、その効果を計測できる機能もニーズが増加しております。
WebCUBE Mobileでは、SEO(自然検索)からの流入数、直帰数、コンバージョン数などをキーワードごとに計測できます。

2.間接効果計測

 WEBプロモーションの競争激化に伴い、PCにおいて、直接のコンバージョンだけでなく、直接コンバージョンに結びついた広告媒体より以前に接触した広告媒体を間接効果として評価する動きが活発になっております。
 WebCUBE Mobileは、モバイル広告・SEOについても、間接効果の測定を15回前まで計測することができ、各モバイル・プロモーションについてより深い評価を可能にします。

3.滞在時間分析

 各モバイル広告、検索キーワードごとにサイトの滞在時間を計測することが可能です。
 直接コンバージョンに結びついた広告媒体だけでなく、サイトの滞在時間(=商品・サービスの詳細を理解している時間)を計測することにより、各モバイル・プロモーションの改善に寄与します。

4.日別・曜日別・時間別効果計測

 サイトへの流入及びコンバージョンについて日別・曜日別・時間別に計測できます。
 例えば、曜日ごとに広告の出稿量をコントロールするなど、きめ細かいプロモーションの運用が可能になります。

5.コンバージョンまでの期間計測

 各ユーザが最初にサイトに流入してから、コンバージョンするまでの期間を計測することができます。
 サービスや商品の検討から購入・申込までどのくらいの期間がかかるのかを計測することにより、プロモーションを実施するタイミング・期間をより詳細に考慮することができます。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。