logo

「環境対応メニュー」のホームページを公開しました(お知らせ)



 大和ハウス工業株式会社は、賃貸住宅(D-room)で物件の競争力を高める「環境対応メニュー」をご用意しました。

次世代省エネルギー基準適合仕様の断熱性能・太陽光発電システム・オール電化仕様・環境アイテムで、賃貸住宅の資産価値を高めるとともに、節電・節水の効果から地球環境にも貢献し、物件の競争力を高めます。

【サイトURL】リンク

ダイワハウスでは、次世代省エネルギー基準適合仕様(III地域・IV地域・V地域)の賃貸住宅(D-room)をご提案しています。

次世代省エネルギー基準とは、省資源・省エネを推進するために、建物の断熱に対して国が定めた基準です。
環境対応メニューでは、小屋裏・床下・開口部などに高い断熱性・気密性を確保し、その基準をクリアしました。ダイワハウスでは2009年11月、標準で次世代省エネルギー基準に適合(IV地域)した環境配慮型賃貸住宅「セジュールエコハ」という1棟2世帯のメゾネットタイプを限定して発売しておりますが、この度、プランに関わらず、III、IV、V地域に対応可能な仕様やアイテムをメニューとしてご用意しました。

建物の断熱性能を次世代省エネルギー基準適合仕様にすれば、暖房・冷房の熱を逃げにくくなるため、設置するエアコン能力(kW)を押えることが可能になり、ランニングコストや地球環境の負荷を軽減できます。
たとえば、新省エネルギー基準の14帖のお部屋(IV地域、1階住戸にて)で4.0kWのエアコンを必要とする場合、次世代省エネルギー基準のお部屋では、2.8kWのエアコンでまかなうことができます。(断熱性能・地域・階数を元に算出しています。)

環境対応メニューでは、太陽光発電システム・オール電化仕様・環境アイテムをご用意。賃貸住宅の資産価値を高めるとともに、節電・節水の効果から地球環境にも貢献します。

<アイテムの一例>
節電アイテム:蛍光灯パッケージ・高効率エアコン
節水アイテム:手元切替機能付シャワー・節水便器
パッシブアイテム:遮熱スクリーン・ランマウィンドウ
外構アイテム:自動灌水(かんすい)システム・雨水タンク、LED街路灯

現在、ホームページにて資料請求を受付中です。

【サイトURL】リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事