logo

SAS、EMC Greenplumデータベース・アプライアンス上でハイパフォーマンス分析機能を提供

SAS、EMC Greenplumデータベース・アプライアンス上でハイパフォーマンス分析機能を提供
~専用のEMC Greenplumデータコンピューティング・アプライアンスを使用し、情報の可視性を向上~


*2011年4月5日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。


米国ネバダ州ラスベガス、「SAS Global Forum 2011」発
ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下: SAS)は、情報インフラストラクチャ・ソリューションの世界的リーダー企業であるEMC(NYSE: EMC)のデータベース・アプライアンスに対応した「SAS(R) High-Performance Analytics」の提供を開始し、ハイパフォーマンス・コンピューティング製品群を拡充すると発表しました。

近年、単にセグメントやサンプルだけでなく、あらゆる部門やシナリオを横断してデータのモデリングを行うことで、ビジネスの状況をより正確に、全体的に把握し、より優れた情報に基づく意思決定を行うことが必要とされています。EMC(R) Greenplum(R) データコンピューティング・アプライアンス上で稼働するSASの新製品は、通常の分析業務を補完する形で、すべてのデータに関して分析的な調査と開発を行える環境を提供します。現在のトップクラスの技術を用いても、大規模な分析を行うために数時間ないしは数日間かかることがあります。SAS High-Performance Analyticsを活用することで、こうした問題の多くは今後数秒単位で行えるようになり、より正確な予測モデルの開発・管理が可能となります。

SASの上席副社長 兼 CTO(最高技術責任者)のキース・コリンズ(Keith Collins)は、「スピード重視のビジネスにおいて、すばやい意思決定を導き出すためには、大量データをいかに迅速に分析できるかが競争力を左右します。SASは、インメモリ・プロセッシングの革新によりこの課題を解決します。インメモリ・データベースやインメモリOLAPといった既存の方法ではなく、並列・共有型のメモリ環境でデータを実行することで複雑な分析演算を可能にし、高速処理と高い拡張性を実現します。データベース・アプライアンスのリーダー企業であるEMCとの協業を通じ、企業は、包括的な専用アプライアンスの超並列プラットフォーム上でSASの高度な分析機能を活用できるようになります」と述べています。

IDCのビジネス・アナリティクス部門プログラム・バイスプレジデント Dan Vesset氏は、「IDCがインテリジェント・エコノミーと呼んでいる、センサーベース、モバイル対応、機器搭載システムといった環境の普及は、データのボリュームのみならず種類や複雑さ、頻度といった点でも、大量データ処理へのニーズにつながっています。こうした動的なデータを捕捉・分析・管理することは、企業が複雑な経営課題を解決し、競争力を高める上で非常に重要だと認識されてきています。例えば、ヘルスケア診断、薬物の安全性評価、不正行為のパターン検出、テロの検知といった分野でも有効であり、タイムリーかつ効果的な意思決定の実現に貢献します」と述べています。

例えば、顧客維持のための分析、顧客体験の最適化、マーケティング・キャンペーン管理、クロスセル/アップセルなどに関する課題を抱えた顧客は、こうした拡張性の高い分析機能を活用することで、リアルタイムのオファーや顧客エンゲージメントのシナリオを実行することができ、大きなメリットを享受できます。モデルの実装までの時間が数日単位から数分単位に、数時間単位から数秒単位に短縮されることで、企業はセグメント化されたサンプルではなく包括的なデータセットを使用することで、コストを削減し、顧客維持率と収益率を高めるとともに、顧客基盤を拡大させることができます。

EMCのデータ・コンピューティング事業部門ジェネラル・マネージャー 兼 プレジデントのBill Cook氏は、「両社の強みを組み合わせることで、従来型のデータウェアハウスに代わる包括的な大量データ分析プラットフォームが実現します。これにより、高速ロード、堅牢なデータ管理、複雑な分析を専用の環境で実行することが可能となります。両社の顧客は、超並列処理アーキテクチャに関するEMCの深い知識と、分析に関するSASの深い専門知識を同時に活用することができます」と述べています。

新製品のSAS High-Performance Analyticsは、In-Database分析、グリッド・コンピューティング、インメモリ分析を含むSAS High-Performance Computing製品群のひとつであり、EMC Greenplumデータコンピューティング・アプライアンス対応製品として、2011年第4四半期の提供開始を予定しています。

SAS High-Performance Computingに関する戦略と最新の動向は、SASユーザー3,500名以上が参加する、最大の年次ユーザーイベントである「SAS Global Forum 2011」で発表されました。


<EMCについて>
米国EMCコーポレーションは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、お客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、更にビジネス価値の創造に貢献いたします。www.EMC.com

*EMCおよびGreenplumは、米国またはその他の国におけるEMCコーポレーションの登録商標または商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。


<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においては最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の50,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万1千名、日本法人 約210名(リンク

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。