logo

村上龍、瀬戸内寂聴、よしもとばなな、吉元由美の電子書籍をAndroid(TM)搭載スマートフォン向けにリリース開始



株式会社G2010(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:船山 浩平)は、電子書籍4作品(村上龍「歌うクジラ」、瀬戸内寂聴「ふしだら」、よしもとばなな「Banakobanashi/ばなこばなし」、吉元由美「彼女の胸に風が吹く」)を2011年4月8日よりAndroid(TM)搭載のスマートフォン向けに配信を開始します。

【商品ラインナップ】

村上龍 「歌うクジラ」 1,500円(税込)
瀬戸内寂聴 「ふしだら」 600円(税込)
よしもとばなな 「Banakobanashi/ばなこばなし」 115円(税込)
吉元由美 「彼女の胸に風が吹く」 700円(税込)

【対応機種】

NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルより販売されているAndroid(TM)搭載スマートフォン

 ※ 一部非対応機種あり
 ※ その他各社新機種にも対応予定

2Dfacto※1、ソフトバンク ブックストア(ソフトバンクモバイル※2)にて、サンプルを無料でご覧いただけます。
au端末につきましてはau one Marketからダウンロードいただけます。

 ※1 2Dfactoは、NTTドコモ、大日本印刷、CHIグループの共同出資会社です。
 ※2 SoftBankスマートフォン向けの本電子書籍アプリの販売は、株式会社ビューンが行います。


【商品紹介】

■村上龍 「歌うクジラ」

2022年クリスマスイブ、ハワイ沖の海底で、グレゴリオ聖歌の旋律を正確に繰り返し歌うザトウクジラが発見された。そして100年後の日本、不老不死の遺伝子を巡り、ある少年の冒険の旅が始まる…。
音楽家の坂本龍一氏が新たに書き下ろした荘厳な音楽と、美しいアートワークを加えた、単なる電子書籍ではない全く新しい形の小説です。

■瀬戸内寂聴 「ふしだら」

人気エッセイスト藤巻清明の前に、ある日突然現れた16歳の少女。この女が持つ不思議な魅力に魅かれ、藤巻が不用意に手に入れたものは、二度と引き返せない、地獄への片道切符だった。壊れゆく家族の絆と己の身体。苦悩の先に待ち受けていたものとは何だったのか・・・
瀬戸内寂聴が渾身の力で書き下ろした未発表作品。表紙、及び本文最終章に3度のレコード大賞を受賞し、日本を代表する編曲家・船山基紀が作品にインスピレーションを受けて書き下ろした音楽が加わり、独特の世界観を醸し出します。

■よしもとばなな 「Banakobanashi/ばなこばなし」

日々の生活の中でふと気付いた発見などを独自の視点から綴る、よしもとばななの最新エッセイ集。本作品は著者が電子書籍の為に書き下ろした初めての作品となります。いつもポケットにいれておき、何度でも読み返したくなる、そんな魅力あふれるエッセイを4編収録しています。イラストレーターの山西ゲンイチによるイラストが、表紙、目次、扉絵、メニューアイコンなど様々な場所で登場し、作品に優しくあたたかな彩りを与えています。
※「Banakobanashi/ばなこばなし」は、定期的に新しいエッセイを4~5編ずつ提供していきます。

■吉元由美 「彼女の胸に風が吹く」

訪れるものを優しく包み込み、人々を魅了してやまないハワイ。OAHU、MAUI、HAWAII、KAUAIの4つの島を舞台に繰り広げられる、4人の女性たちの、ALOHAいっぱいの4つのストーリー。日本を代表する編曲家・船山基紀による壮大で美しい音楽と、歌手・ANRIの透明感のあるすがすがしいナレーション、また写真家・熊谷晃による数々の雄大な写真が、本作品にスピリチャルな楽園ハワイの心地よい風を吹き込み、見て・聴いて・読んで・感じることのできる、新しい小説となっております。
各章の音楽を美しいハワイの写真を眺めながら聴くことのできるスライドショー付き音楽再生プレイヤーも搭載した、瞬間楽園術的電子書籍アプリケーションです。


■株式会社G2010
代表者:船山 浩平
本社所在地:〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-2-16 YKビル8F
資本金:30,000,000円
URL:リンク
事業内容:
1.電子書籍の企画、編集、デザイン、制作、出版及び販売
2.電子書籍に関する著作権・原盤権の売買、賃貸、管理並びに使用許諾に関する業務
3.インターネット等の通信ネットワークを利用したデジタルコンテンツの配信サービス業務

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社G2010 広報担当 斉藤
Tel:03-5712-2010/Fax:03-5779-6776
E-mail:info_01@g2010.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。