logo

バンダイチャンネル、テレビアニメーション作品『境界線上のホライゾン』製作発表会を 4月9日(土)19時30分より”BANDAICHANNEL LIVE!”でライブ配信



 株式会社バンダイナムコホールディングス(本社:東京都品川区 代表取締役社長:石川祝男)の子会社である株式会社バンダイチャンネル(住所:東京都港区 代表取締役社長:志水毅 以下、バンダイチャンネル)は、テレビアニメーション作品『境界線上のホライゾン』製作発表会のライブ映像配信を4月9日(土)19時30分より行います。

 『境界線上のホライゾン』は、株式会社アスキー・メディアワークス(以下、アスキー・メディアワークス)から刊行されている同名の学園戦国ファンタジー小説のテレビアニメーション化です。開始前に多くの原作ファンの注目を浴びて話題が高まっている本作品の製作発表会の模様を、PC・Androidスマートフォン向けにリアルタイムでライブ配信します。

 今回のライブ配信は、同日から開始するバンダイチャンネルの新しいサービス「BANDAICHANNEL LIVE!」の仕組みを利用して行います。弊社ではこれからも魅力ある映像作品やデジタルコンテンツを様々な配信方法を駆使して、より多くの皆様にご利用頂けるようサービスを展開して参ります。



■『境界線上のホライゾン』製作発表会のライブ配信について

▽配信概要 
『境界線上のホライゾン』製作発表会
[内容]ゲストトーク/メインスタッフ&メインキャスト発表/キービジュアル公開/PV初公開、他
[司会]白石 稔
[ゲスト]福山 潤、茅原実里、他

▽配信日時
4月9日(土)19時30分開始~20時30分終了予定
       
▽配信サービス 
「BANDAICHANNEL LIVE!」    リンク 
※公式サイト(リンク)上でも同じ映像をライブ配信します。

▽視聴機器
PC / Androidスマートフォン向け
(ご注意)
ご利用の視聴機器で「BANDAICHANNEL LIVE!」ライブ視聴ができない場合があります。
バンダイチャンネル(リンク)にアクセス頂き、無料動画の視聴が可能であれば、ライブ視聴も可能です。


■「BANDAICNANNEL LIVE!」とは

 バンダイチャンネルで培ったVODノウハウと株式会社IMAGICAイメージワークス(本社:東京都品川区 代表取締役社長:中村 昌志)の映像&ネット制作・企画力とのパートナーシップによる、新たなライブ事業を創造していく実験的な取り組みです。


■『境界線上のホライゾン』作品概要

 アスキー・メディアワークスの電撃文庫から刊行されている川上稔さん(さとやすさんイラスト)による同名ファンタジー小説が原作。中世の日本と世界各国が分割して支配する地域“極東”が舞台となっており、川上さんならではの綿密な設定に裏打ちされた壮大な世界観が特徴となっている。原作は現在も続刊中で、これまでに3巻(7冊)を刊行。

(あらすじ)
 遠い未来。「聖譜」と呼ばれる歴史書をもとに歴史をやり直すことになった世界では、唯一居住可能な土地となった極東で、列強各国が覇権を争いながらも歴史の再現を行っていた。そして、舞台は「聖譜」に記された最後の年、1648年。各国が見えない未来を切り拓く方法を模索する中、航空都市艦・武蔵で暮らす学生のトーリと彼の仲間たちは、ある事件をきっかけに国家間の抗争に参加することに――!!


<原作=川上稔「GENESISシリーズ境界線上のホライゾン」電撃文庫/アスキー・メディアワークス刊>
(C)MINORU KAWAKAMI / ASCII MEDIA WORKS
(C)川上稔/アスキー・メディアワークス/境界線上のホライゾン製作委員会

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。