logo

アジャイルメディア・ネットワーク(株)代表取締役 徳力基彦氏に学ぶ「プレゼン前4つのオキテ」 『プレゼンは日常会話の延長。「話す力」で人の心を動かす!』

常盤薬品工業株式会社 2011年03月28日 15時09分
From PR TIMES

 「普段のジブンなら上手く説明できることも、プレゼンではしどろもどろ・・・。」
なにかと苦手意識を持つ人も多いビジネスプレゼンですが、できるビジネスマン・ウーマンを目指すには、そこは決して避けては通れない道。
 そこで、常盤薬品工業では、勝負時間を応援するここぞの時のサポートドリンク「眠眠打破」にちなみ、プレゼンのプロとも言える広告・IT業界のビジネスマン対象に『ビジネスマンの勝負時間「プレゼン」』に関する意識調査を今年1月に実施しました。

 その結果から、「短期間の準備」「前日の休息」「リハーサル」・・・など、多くのプロに共通するプレゼン感が垣間みられ、プロたちが拘るスタンダードと、プレゼンを成功に導くために不可欠なエッセンスが導き出されました。
 眠眠打破はそれを「プレゼン前4つのオキテ『心(シン)・技(ギ)・体(タイ)・験(ゲン)』」として定義。ビジネスマンにとってのジブンゴトとして実践しやすい内容で、新たなプレゼン前の“常識”を提案しています。

 そして今回、意識調査の中で、「プレゼンを聞いてみたい広告・IT業界人」第2位に選ばれた株式会社電通の佐藤尚之氏はじめ、第3位の株式会社イー・ウーマンの佐々木かをり氏、第5位のアジャイルメディア・ネットワーク株式会社の徳力基彦氏、この3氏にプレゼン成功の秘訣についてインタビューを行い、今回から3回にわたって、プレゼンの先駆者達3氏それぞれの拘りを紹介していきます。
 まず第1回目は、ブロガーとしてはもちろん、セミナーや企画勉強会の講師、ビジネス・ITイベントのパネリストとしても活躍中の徳力基彦さんによる、プレゼンのコツを紹介。心構えから資料づくり、必須アイテムまで「徳力流・プロのプレゼン」に迫りました。

●徳力流4つのオキテ 『プレゼンは日常会話の延長。「話す力」で人の心を動かす!』
リンク

 “プレゼンのプロ”のインタビュー記事を読んでイメージを膨らませ、プレゼン前4つのオキテをマスターすれば、プレゼンの勝率は100%かも!?
プレゼンは避けられないビジネスマン・ウーマンに贈る「プレゼン前4つのオキテ」ぜひご一読ください!



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事