logo

震災後の親子の心身ケアに役立つ情報をまとめた携帯サイト開設とツイッター発信について ~震災被災者支援の一環として情報提供を開始しました~



この度の東日本大震災により被災された皆さまに心よりお見舞い申しあげますとともに、一日も 早い復旧をお祈り申し上げます。
株式会社ベネッセコーポレーションでの震災支援のひとつとして、「こどもちゃれんじ」編集部が、震災後の生活において保護者と子どもそれぞれが心身のストレスを感じている可能性が高い現状を鑑み、その緩和に役立つ情報をまとめたサイト「非常時の子育て情報サイト」(リンク)を緊急に立ち上げるとともに、その内容をツイッター<リンク (@shimajiro_care)>で発信する取り組みを開始したことをご報告いたします。

【携帯サイト「非常時の子育て情報サイト」サイト概要】
本サイトは、0~6歳までの子どもとその保護者を対象に、子育て情報(「母乳・ミルク」「食事」「睡眠」「応急処置」「心のケア」)と、いつでも、どこでも、誰とでもできる子どもの「あそび」「映像」「ゲーム」コンテンツを年齢別に掲載しています。
*子育て情報の内容については、幼児向け教材「こどもちゃれんじ」の監修で協力をいただいている、各分野の第一線で活躍する先生方に監修をいただいています。

(1).対象
0歳~6歳のお子さまと保護者の方

(2).サイトURL
URL リンク
ツイッター リンク
(@shimajiro_care)

(3).コンテンツ
「睡眠」「心のケア」「母乳・ミルク」「食事」「睡眠」「応急処置」「応援メッセージ」「すぐにできる遊び」「しまじろうとあそぼう」「みんなで子どもを見守ろう」など、被災地で困難を感じられている方はもちろん、子どもを見守るすべてのかたに役立つ内容を掲載しています。
※現在すべての情報を掲載できておりません。今後、放射線についてなどの新しい情報を随時更新していきます。

(4).監修
お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科 教授 榊原洋一先生
武蔵野大学人間関係学部教授 臨床心理士 藤森和美先生
みやした助産院 院長 宮下美代子先生
スリープクリニック調布 院長 遠藤拓郎先生
こどもコンサルタント 原坂一郎先生
NPO法人だっことおんぶの研究所
防災ファシリテーター あんどうりす先生
*なお、監修の先生方とともに、「こどもちゃれんじ」のパパママ社員で阪神大震災の経験者たちが、情報の提供トーンの吟味などに参加しており、サイトが非常時の親子の心情にフィットするよう心がけました。

(5).「非常時の子育て情報サイト」からのツイッター発信について
サイトで取り上げた内容をツイッター<リンク (@shimajiro_care)>で発信します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。