logo

東北地方太平洋沖地震 復興支援活動を開始 「翻訳ソフトメーカーのクロスランゲージ」



株式会社クロスランゲージ(東京都千代田区、代表取締役:古賀 勝夫)は東北地方太平洋沖地震による被害に対して、義援金による復興支援活動を開始しました。

クロスランゲージは、ユーザーがオンラインショップで購入したPC翻訳ソフト製品の売り上げの30%を義援金として、被災地に寄付します。期間は本日3月18日(金)17時~3月31日(木)までですが、早急な支援活動を目指していますので、義援金が集まり次第、その都度寄付先に入金します。また、被災地の状況等に応じ、追加の支援策を検討していく予定です。
義援金の寄付先は、日本赤十字社を予定しています。

「被災地にお住まいの皆様の無事を心よりお祈りいたしますと共に、犠牲になられた方々およびご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。
1日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。」

■義援金の寄付について■
下記クロスランゲージの直販オンラインショップにて製品をご購入いただきます。そのご購入金額の30%を義援金として寄付いたします。
www.crosslanguage.co.jp/up/gienkin


■お問い合わせ■
株式会社クロスランゲージ 事業本部
TEL:03-5215-7631 電子メール:info@crosslanguage.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。