logo

POOL、人気iPhoneアプリ2本の売上を全額被災地支援へ。

株式会社POOL 2011年03月17日 13時17分
From PR TIMES



株式会社POOL(東京都品川区 代表取締役 中村友哉)は、同社が提供するiPhoneアプリ「ふきだしツクール」「Funky Effects」の売上全額を、東北方面太平洋沖地震で被災された方のための支援費用として利用することを発表致します。

当社は、この取組みを通じて、「ひとつでも多くの笑い声と、ひとつでも多くの思い出を大切にしてもらいたい」というメッセージを被災者のみならず、世界中の人に伝えて参ります。

<ふきだしツクール>
「ふきだしツクール」は写真にかんたんにマンガのようなフキダシとセリフを付け加えることができる写真加工ツール。ほかの写真加工アプリと大きく異なる点は、指先2本で自由自在に大きさや向きなどを変えることができるなど、複雑な操作もなく手軽に楽しい写真に加工することができる工夫が特徴のアプリです。2010年2月発売以来ロングセラーとなっており、無料版と合わせて累計25万以上がダウンロードされています。
※有料総合最高ランキング:最高5位 /無料総合ランキング:最高6位

2010年末には、子供達への支援団体への寄付実績もございます。
・Just Giving「SAY LOVE 2010」リンク
・特定非営利法人キッズドア リンク


<Funky Effects>
 iPhoneアプリ「FunkyEffects」は、場の雰囲気を盛り上げる効果音やセリフ集が収録されており、指先でタップすれば再生される効果音再生アプリ。クイズ番組でよく聞く効果音や、「どないやねん」「どないやねん」などのツッコミセリフが日本人と外国人の2バージョン収録されている。また録音モードでは利用者が好きな言葉を録音し、同じくタップするだけで手軽に再生させることができる。子どもたちにも大人気となったスマッシュヒットアプリです。※有料総合ランキング:最高13位


<売上全額支援対象キャンペーン期間>
寄付金の対象期間は、震災当日の2011年3月11日から3月30月とし、売上は全額、被災地への支援費用とすることを決定致しました。支援手法については、被災地への物資配給など、目に見える使い方をこれから協議し、ホームページ上で発表致します。

リンク
リンク


■App Store URL
・「ふきだしツクール」(230円→115円)リンク
・「ふきだしツクールLITE」(無料版)リンク
・「Funky Effects」(350円→115円)リンク



【POOLについて】
株式会社POOL(プール)は「クロスメディアを超えて、記憶に残るプロモーションとビジネスモデルを」をキャッチフレーズに、コンテンツおよび商品企画、広告宣伝、広報PRなどを含む企業マーケティング&コミュニケーション活動のトータルにプロデュースカンパニーです。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。