logo

栃木県公式ホームページに自動翻訳サービスを導入、都道府県としては初の試み



株式会社クロスランゲージ(千代田区、代表取締役:古賀 勝夫)は2011年3月1日より当社開発による自動翻訳サービス「WEB-Transer@ホームページ」を栃木県公式ホームページ(リンク)に提供致しました。
自動翻訳サービスが都道府県の公式ホームページに導入されるのは栃木県が初となります。

【多言語自動翻訳サービスの導入の背景】
昨今、多くの外国の方が居住するようになり、市町村や都道府県では地域住民サービスとして、多言語での情報提供が必要となってきました。日本語と同様に情報を迅速に伝える必要があることから自動翻訳サービスの導入を決定致しました。現在、当サービスは50以上の市町村や観光協会に導入されていますが、都道府県としては初めての導入であり、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語の6ヶ国語を提供することになりました。

 クロスランゲージの自動翻訳サービス「WEB-Transer@ホームページ」は、高精度な機械翻訳サービスとして高いご評価を受け、今回の導入に選定されました。その高い翻訳精度とリアルタイム性により、行政情報を瞬時に地域住民の方へお届けすることが可能になり、また、観光やイベントなど旬な情報も訪日観光客向けに発信できるようになりました。
これまで、自治体や観光協会、百貨店、ホテル・旅館、ショッピングモールなど200サイト以上に英語・中国語・韓国語・スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ドイツ語、イタリア語の自動翻訳サービスを提供してきました。今後、益々、自動翻訳サービスの需要が高まることが予想されます。クロスランゲージでは導入実績No1のサービスとして品質のさらなる向上に努めて参ります。
WEB-Transer@ホームページの製品案内  リンク

【本リリースに関してのお問い合わせ先、および製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
 株式会社クロスランゲージ マーケティング企画部
 電話:03-5215-7633/担当:岩間
 電子メール:solution@crosslanguage.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事