logo

ホームページ自動翻訳を駆使した『訪日観光客誘致のための情報発信サービス事業』



株式会社クロスランゲージ(千代田区、代表取締役:古賀 勝夫)の「訪日観光客誘致のための情報発信サービス事業」が財団法人東京都中小企業振興公社の「地域イノベーション創出研究開発事業」に採択されました。事業内容は、東京都の訪日観光客誘致のための情報発信サービスを行うものです。

近年、中国をはじめ日本を訪れる観光客は大幅に増加しています。日本の首都東京は、流行の最先端と伝統的な日本文化をあわせもつ魅力的な街です。国宝・重要文化財も数多く、また、百貨店・家電量販店などのショップ、緑豊かな公園と、非常に多くの観光資源に恵まれています。しかし、最新情報の多くは日本語だけで、海外への情報発信は圧倒的に不足しています。
 原因の一つは翻訳にかかる多大なコストです。もう一つ大きな障壁となっているのが、中国からのホームページへのアクセススピードの遅さです。中国から日本のホームページを閲覧する場合、日中間の回線が細い上、さらに金盾(コンテンツ検閲システム)がそれに追い打ちをかけており、中国語のホームページを作成し、情報発信を行っても、アクセス速度が非常に遅く、閲覧されない状況になっています。

このたび採択された「訪日観光客誘致のための情報発信サービス」では、まず、対象となる日本語のホームページを自動的に翻訳を行います。翻訳されたホームページは、中国国内にあるホームページ公開用サーバーに蓄積されます。これにより、中国国内からのホームページの表示速度は飛躍的に向上します。対象となるのは、観光情報(ホテル・旅館・観光施設など)、家電量販店、百貨店などのショッピングモール、飲食店、テーマパーク、美術館・博物館などや自社製品を海外に告知したい企業です。対応する言語は日本語から中国語・英語・韓国語で、それぞれの国に公開サーバーを設置し、中国語同様、アクセス速度の向上を目指します。
本事業により、東京都の観光資源だけでなく日本の観光資源を海外へスムーズに情報発信することが可能になり、中国におけるホームページ閲覧数の大幅なアップが期待できます。

【本リリースに関してのお問い合わせ先、および製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
 株式会社クロスランゲージ マーケティング企画部
 電話:03-5215-7633/担当:岩間
 電子メール:solution@crosslanguage.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。