logo

エフセキュア・コーポレーションとテレフォニカが協業、新たに中南米でセキュリティ サービスを展開開始

モバイルユーザを対象に、より安全で快適なセキュリティを提供

エフセキュア・コーポレーションと、スペインおよび中南米諸国で通信事業を展開しているテレフォニカ・インターナショナルが事業提携、モバイル向けのセキュリティサービスを提供開始します。

フィンランド、ヘルシンキ発 ―2011年2月23日:
エフセキュア・コーポレーション (本社: ヘルシンキ、フィンランド 以下エフセキュア) とテレフォニカ・インターナショナル (本社: マドリッド、スペイン 以下テレフォニカ) が複数年に渡る長期協業の上、インターネット セキュリティ サービスとオンライン ストレージ サービスを提供開始します。テレフォニカは、スペインを含む中南米諸国を中心におよそ1億4500万※のモバイルユーザを数える世界でも有数の大手通信事業者のひとつです。エフセキュアのインターネット セキュリティ サービスならびにオンラインストレージサービスは、スマートフォンを含むモバイル端末と、モバイルブロードバンドユーザを対象に、テレフォニカを介して提供されます。この事業提携を契機に、EU諸国におけるテレフォニカの事業展開が加速し、サービスの拡大が期待されています。

エフセキュアのマーケティング事業部で副社長を務めるサム・コンティネンは、次のように述べています。「テレフォニカは、中南米におけるモバイル ブロードバンド事業では500万ユーザを、スマートフォン事業においても500万ユーザを数える世界屈指の通信事業者のひとつです。この協業によって、同ユーザに向けたセキュリティ サービスが拡充されます。これはエフセキュアにとって前例のない事業提携で、驚異的なモバイルビジネスの成長を見せている中南米諸国への事業拡大への契機となります。」

テレフォニカの中南米支社でP&S事業部代表のロベルト・ムリオツは、「私たちは、ユーザに質の高いサービスを届けられるよう心がけており、優れたセキュリティ サービスを提供することでユーザが安心してインターネットを利用できると考えています。エフセキュアとの事業提携は、より安全で快適なデジタルライフをユーザに提供することができるため、大変喜ばしいことです。」と述べています。

■ テレフォニカ・インターナショナルについて ■
会社名: テレフォニカ・インターナショナル (英語表記: Telefonica International)
テレフォニカは、ユーザ数と市場資本において世界的な規模を誇る大手通信事業者のひとつで、固定電話に加えモバイルを含むブロードバンド事業に特化した通信事業を展開、スペインをはじめとするEU諸国と中南米を中心に世界25カ国で約2億8200人のユーザを数えています。同社は、150万人の株主を抱える100%上場企業で、マドリード、バルセロナ、ビルバオ、およびバレンシアを含むスペイン、ロンドン、東京、ニューヨーク、リマ、ブエノスアイレスとサンパウロの証券取引所で取引されており、現在4,563,996,485の株式資本を有しています。

詳しい情報は、テレフォニカ・インターナショナルのホームページでご覧いただけます。(英語)
リンク


※ 2010年9月時点での統計数字


-------------------------------
*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事