logo

圧縮・解凍ソフト CubeICE をリリース

株式会社キューブ・ソフト 2011年02月14日 11時22分
From PR TIMES

株式会社キューブ・ソフト( 所在地:大阪府豊中市待兼山町21-9 山吉ビル4F ) は、ファイル圧縮・解凍ソフトウェア「CubeICE 0.3.0β」を2011 年2 月14 日にリリースしました。

主な特徴は以下のとおりです。

1. ワンクリックで圧縮・解凍の使いやすいインターフェースを採用。
「右クリックで表示されるコンテキストメニューから選択」
「CubeICE のショートカットにドラッグ&ドロップ」
「関連付けされたファイルをダブルクリック(解凍のみ)」
の3通りの方法を用意しています。

2. ZIP, RAR, 7z など多数の圧縮形式に対応。
ZIP やRAR などのWindows でよく使われている圧縮形式に加えて、近年出現した高圧縮率な形式である7z など様々な圧縮形式に対応しています。
※4 種類の形式で圧縮可能、また20 種類の圧縮形式を解凍可能。

3. 圧縮ファイル解凍時の文字化け問題を解消。
Mac OS X などWindows と異なる文字コードを採用しているOS で圧縮されたファイルを解凍する際にも文字化けを発生させません。

4. ファイルのフィルタリング機能を提供。
desktop.ini, .DS_Store などOS が自動的に生成する(解凍先では不要な)
ファイルを圧縮時・解凍時それぞれでフィルタリングする機能を提供しています。

5. 64bit 版Windows に完全対応。
右クリックで表示されるコンテキストメニューに圧縮・解凍項目が表示されないなど、既存のソフトウェアでは問題の多かった64bit 版Windows にも完全対応しています。

6. 解凍せずにファイル一覧を閲覧できる機能を提供。
ZIP ファイルなどの圧縮ファイルにカーソルを重ねると、圧縮ファイルに格納されているファイルの一覧がツールチップで表示され、解凍しなくてもファイル名などの情報が閲覧できる便利な機能を提供しています。

7. マルチコアCPU に対応。
お使いのコンピュータにマルチコアCPU が搭載されている場合、圧縮の詳細設定で「CPU スレッド数」を増やす事によって、マルチコアCPU の性能をフルに発揮させる事ができます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。