logo

社団法人日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会 本間充代表理事によるセミナー「今、Webマスターが、理解すべき3つの視点」、デジタルハリウッド大学院大阪キャンパスで開催

 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院
大阪キャンパス(大阪 市北区西天満 学長 杉山知之 以下本大学院)は、
本学客員教授である塩見政春氏が代表を務めるインターネットマーケティ
ング研究室主催にて、今年社団法人日本アドバタイザーズ協会Web広告研究
会の代表理事に就任された花王株式会社Web作成部Web技術グループリーダー
の本間充氏を本大学院にお招きしてセミナーを開催いたします。

 セミナーの内容は、「今、Webマスターが、理解すべき3つの視点」と
題して、

(1) ソーシャル時代にWebマスターが気にしておくべきポイント
(2) それを表現した国内外のクリエイティブの事例
(3) それを実施する際、組織としての注意点とは?

 という3つの視点から、今、Web担当者が考えておくべきポイントを語っ
ていただきます。
 企業のWeb担当者はもちろんのこと、Web担当者にソリューション提案す
る方も、必見のセミナー内容となっております。


【セミナー詳細】
■タイトル:今、Webマスターが、理解すべき3つの視点
■日 時:2011年2月22日(火) 19:00~21:00(開場18:45)
■会 場:デジタルハリウッド大学大学院 大阪キャンパス
     530-0047 大阪府大阪市北区西天満6-5-17 デジタルエイトビル
    (アクセス)「JR大阪駅」「各線梅田駅」から徒歩10分
          「地下鉄東梅田駅」「地下鉄南森町駅」から徒歩7分
          「京阪大江橋駅」から徒歩10分
■定 員:80名
■会 費:3,000円  
■主 催:デジタルハリウッド大学大学院 インターネットマーケティング研究室
■協 力:合同会社かぷっと(CAPUT LLC)

■講師プロフィール
本間 充(ほんま・みつる)
社団法人日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会代表幹事/
花王Web作成部Web技術グループリーダー

1967年北海道生まれ。92年、北海道大学理学部数学科修了。
同年、花王入社。97年から本格的にWebを業務として取り組み、
99年にWeb専業の部署を設立した。現在は、Web作成部Web技術
グループのグループリーダー。
Web広告研究会代表幹事。


【研究室 概要】
インターネットが持つ創造的な技術や概念と、それに対応した人間の心理
・行動を研究対象とし、時代時代に即したインターネット上での広告・宣
伝・販売を中心とした企業・行政などの事例を研究すると供に、常に企業
・行政などに研究結果をフィードバックできる要素をプランニングしてい
く実践的な研究組織として活動していく。

室長:塩見 政春
  (デジタルハリウッド大学大学院デジタルコンテンツ研究科デジタル
   コンテンツ専攻 客員教授)
発足日:2009年11月2日
活動目的:ソーシャルメディアに関わる研究全般
・Twitterなどのコミュニティ型メディアのビジネス活用研究
・iPhone、Googleアンドロイドなど、次世代携帯アプリケーション研究
・HTML5など、次世代HTMLの対応研究
・その他、研究員が興味関心を示し、インターネットマーケティング研究室
 が相応しいと判断した研究テーマ


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事