logo

メッセージングサービス事業の更なる拡大を目指すことで合意

株式会社トランザクト 2011年02月02日 10時12分
From PR TIMES

2011年2月2日
エクスパダイト株式会社
株式会社トランザクト

「エクスパダイトとトランザクト、メッセージングサービス事業の更なる拡大を目指すことで合意」

エクスパダイト株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:アンソニー・リチャードソン、以下エクスパダイト)と株式会社トランザクト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:アーロン・ファーマン、以下トランザクト)は、米国EasyLink Services International Corporation(以下EasyLink)によるXpedite Systems, LLC(以下、Xpedite)の買収に伴い、日本における今後の事業展開について以下のとおり合意したことを発表します。


■背景
EasyLinkは、2010年10月21日、Xpediteを買収したことにより、メッセージングサービス業界における世界のリーディングカンパニーとなりました。また、これに伴い、Xpediteの日本法人であるエクスパダイトはEasyLinkの日本法人となります。

エクスパダイトは、全世界60,000社以上の顧客を有するXpediteの日本法人として1984年の設立以来、Xpediteの専用ネットワークをインフラとした各種メッセージングサービス(FAX一斉配信、業務向けFAX配信、インターネットFAX、音声配信、メール配信など)を提供しています。

トランザクトは、1996年の設立以来、EasyLinkの日本パートナーとして、EasyLinkのFAX専用ネットワークをインフラとした独自のFAXサービス「TransFax」を立ち上げ、日本の大手企業を中心にサービスを提供しています。基幹業務におけるFAXのニーズは、依然として年々増加しており、トランザクトはミッションクリティカルな要求に対応するための体制を完備し、顧客に密着したサービス提供ならびにサポートを行っています。

■今後のサービス展開について
エクスパダイトならびにトランザクトは、それぞれのネットワークインフラをサービス基盤として、サービスおよびサポートの提供を継続します。
また、トランザクトは、EasyLinkのネットワークインフラを利用した基幹業務向けFAXソリューションの日本国内における唯一のサービス・プロバイダーとして、サービスを引き続き提供します。
今後、両社は、FAXサービスの分野において、それぞれの専門領域・ビジネス基盤を相互に活用し、新規顧客の開拓等、更なるメッセージサービス事業の拡大を目指す協業パートナーとなります。

FAXは、購買発注・物流・会計等の基幹業務、及び販促、企画等のマーケット分野において、依然として非常に有効な取引手段であることから、両社は、更に充実したFAXサービスの展開を目指し、パートナーシップを強化し、ビジネスの拡大に取り組んで参ります。

エクスパダイト株式会社について
FAX、Eメール、音声の一斉配信および業務向けメッセージ配信を通じ、企業の販売促進、業務効率向上、コスト削減を実現するメッセージングサービス(FAX、メール、音声)を提供しています。世界に広がるグローバルネットワークと先端技術に裏付けられたサービスおよびサポートを日本で展開しています。


株式会社トランザクトについて
企業の基幹業務向けに特化したインターネットFAXサービス「TransFax」を提供しております。帳票ソフトウェアベンダー、システムインテグレーターと共に、基幹システム、各種アプリケーションとシームレスに連動したFAX送信サービス、そして、大量のFAXを受信することを可能としたFAX受信サービスを展開しています。

本件に関するお問い合わせ先
エクスパダイト株式会社 マーケティング 河野
TEL: 03-4560-9280
E-mail: jp-contact@easylink.com

株式会社トランザクト 広報担当 吉田
TEL:03-3442-7778
E-mail: sales@transact.ne.jp
リンク

尚、本件は2社の共同発表のために、重複配信されることがあります。重複で配信された場合はご容赦ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。