logo

カタリスト・モバイル プライムワークスの『モバイルモンキー(R)』に技術協力 ~KDDI携帯電話SH011向け、Flash(R)テクノロジーで支援~

モバイル、インターネットソリューションを手掛けるプライムワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田昌史 以下プライムワークス)の子会社である、モバイルプラットフォーム開発のカタリスト・モバイル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋豊志、以下カタリスト・モバイル)は、この度、プライムワークスがKDDI 2011年春モデルSH011(シャープ製)にプリインストールで提供するコンテンツ『モバイルモンキー(R)』にFlash(R)に関する技術協力を行いました。

『モバイルモンキー(R)』はプライムワークスが開発したオリジナルキャラクターコンテンツで、これまで同社が培ったコンテンツ制作ノウハウを惜しみなく注力、10MBという容量を活かし、映画並みの長編アニメーションを実装、ユーザーの携帯電話への愛着を深める仕掛けを各所にちりばめた待受EZアプリです。

今回、カタリスト・モバイルが『モバイルモンキー(R)』向けに開発したミドルウェアは、今までの携帯電話で動作するFlash(R)環境上では、実現できなかったような「大容量のアニメーション」や、電話やメールの発着信履歴の情報等を活用したアニメーション演出を可能にしています。更に、TTS(音声合成)を利用可能にし、はじめて「しゃべるFlash(R)コンテンツ」を実現している点も大きな特徴です。このミドルウェアを利用したアニメーションは、Flash(R)で制作できるため、これまで開発実績を持つFlash(R)技術者やデザイナーの力量を活用できるようにしている点や、これまで開発してきたコンテンツ・サービスなどの資産を活かすことも可能にしています。

カタリスト・モバイルはこれまで390機種以上にのぼる携帯電話向けのFlash(R)のポーティングサポートで実績があり、またFlash合成エンジンを開発、「デコメアニメ(R)」や「アニメーションメール」としてキャリア様に提供をしています。この度のミドルウェアの提供は初の試みですが、今後も当社はFlash(R)およびAIR(Adobe Integrated Runtime)(R)をコア・テクノロジーとしたソリューションの開発・提供を、今後もメーカー様・キャリア様との協力関係を構築しつつ加速してまいります。


<プライムワークスについて>
【商 号】プライムワークス株式会社
【本 社】東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館
【U R L】リンク
【設 立】2004年4月
【代表者】池田 昌史
【グループ事業内容】
◆アプリケーション事業:電子ブックビューワー、アニメーションメールエンジンなど携帯電話上で稼働するミドルウェアや、サーバー技術を活用したASPサービスなど、主としてクライアントソフトウェアやサーバーシステム等の技術そのものを販売、提供する事業
◆コンテンツ事業:着せ替えコンテンツや、FLASHコンテンツ、ウィジェット、電子ブック、ゲーム、動画等、主として携帯電話でダウンロードやストリーミングを行う、パッケージ型コンテンツの制作・配信に関する事業 
◆ウェブ事業:サイト構築・運営、WEBマーケティングソリューションに加えて、PC及び携帯のWEBサイトを通じたサービスに関する事業

<カタリスト・モバイルについて>
【商 号】カタリスト・モバイル株式会社
【本 社】東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館
【U R L】リンク
【設 立】2006年2月
【代表者】高橋 豊志
【事業内容】 FLASH技術を活用した携帯電話アプリケーションの開発やエンジンのポーティング、先端的コンテンツソリューションの提供

※記載されている社名、製品名、ブランド名、サービス名は、すべて各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事