logo

取り扱いアイテム数120万点を突破!

工業用間接資材※1通信販売最大手の株式会社 MonotaRO(モノタロウ)(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:瀬戸欣哉、URL:リンク)は、2011年1月に取り扱いアイテム数が120万点を突破いたしました。

当社は、2000年の設立以来、工業用間接資材業界のデファクトスタンダードを目指し、新たな価値を求め、高品質・廉価かつ多岐にわたる商品を提供することを目的に、プライベートブランド商品の開発や海外ブランド商品の積極輸入による商品の拡充を進めて参りました。

取り扱いアイテム数は、60万点からスタートし、2006年6月には80万点、2008年9月には90万点、2009年10月には100万点、と年々拡大を続け、設立11年目の2011年1月に120万点を達成いたしました。また、取り扱いアイテム数100万点を約1年3カ月間という短期間で20%増の120万点まで拡大いたしました。今後もお客様が求める商品を提供できるよう取扱商品の拡大を目指します。

昨年5月からは更なる価格訴求を狙った低価格商品ブランドである”大阪魂”ブランド商品の発売を開始するなど、MonotaRO・大阪魂という2つのプライベートブランド商品の拡大を図って参りました。さらに昨年10月には顧客向けの商品カタログ『間接資材総合カタログ RED BOOK Vol.6』発刊による全カテゴリにおける積極的な商品追加を実施いたしました。特に科学研究・開発用品編カタログの新発刊、モール創設に伴う商品追加の他、FA・メカニカル部品カテゴリの商品(SMC商品を中心)を積極追加いたしました。その結果、取扱アイテム数が120万点を突破いたしました。

当社では今後も、お客様の要望に耳を傾け、プライベートブランドを中心とする商品の拡充、サイトの充実など、より良いサービスの提供を目指して参ります。



株式会社 MonotaROについて
切削工具や研磨材などの工業用資材から自動車関連商品や工事用品、事務用品に至るまで、現場・工場で必要とされる製品120万アイテムを販売しています。また、事業主向けサイト「MonotaRO.com」、ベアリング専門サイト「ベアリングタロウ」、切削工具サイト「刃MonotaRO」に加え、個人消費者向けにプロ仕様の商品を業務用価格で提供する「IHC.MonotaRO」も運営しています。2011年1月5日現在の利用ユーザー数は、約57.2万。2006年12月、東証マザーズ上場。2009年12月東証一部上場。

<本件に関するお問合せ>
株式会社MonotaRO マーケティング部 木原 TEL:06-4869-7181 E-mail:pr@monotaro.com

※1工業用間接資材とは、製造業の現場における資材のうち、最終製品になる原材料や部品などの“直接資材”を除く全ての資材を指し、切削工具や研磨材などの工作用資材から梱包・補修・清掃・安全・事務用品まで多岐にわたる。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。