logo

ソーシャルゲーム『ミニ四駆ビクトリーロード』グリーにて2011年1月19(水)より配信開始!

この度、オンラインエンターテインメント事業を展開する株式会社ケイブ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:高野健一 JASDAQコード:3760:以下ケイブ)は、グリー株式会社が運営するソーシャル・ネットワーキング・サービス「グリー」において、レースシミュレーションソーシャルゲーム『ミニ四駆ビクトリーロード』の提供を2011年1月19日(水)より開始いたしました。

『ミニ四駆ビクトリーロード』は、株式会社タミヤ(以下タミヤ)の登録商標である『ミニ四駆』を題材にしたレースシミュレーションゲームです。本ゲームはミニ四駆ならではの特徴である「改造」「競争」「コレクション」を手軽に体験できます。プレイヤー同士の「対戦」をはじめ、グループで競い合う「エリア争奪戦バトル」など、コミュニケーション要素を中心とした遊び方を追求しています。

■ゲームの特徴
1.魅力的な登場人物
本作では、ゲームの世界観をより深めるために個性的なキャラクターが多数登場します。プレイヤーを導いてくれる正義のレーサーや、プレイヤー達に戦いを挑んでくる、悪の組織などがストーリーを盛り上げます。

2.対戦バトル
自分好みにカスタマイズしたマシンで全国のプレイヤーと対戦できます。コースはストレート、コーナーはもちろん、氷のコースや、突風に煽られるコースなどゲームならではの仕掛けが多数盛り込まれています。

3.マシンアバター、ルームアバター
本作では、豊富なグレードアップパーツでマシンを改造する事が可能です。マシン性能の向上はもちろん、見た目の変化を楽しむことができます。
また、ゲーム内の活躍により入手したアイテムを用いることで、自分の部屋をより豪華にコーディネートする事が可能です。

4.豊富なミニ四駆登場
タミヤ及び、小学館集英社プロダクションのご協力の下、実際に発売された100種類以上のミニ四駆の名称、デザインが登場します。またこれから発売される車体も随時追加されます。

5.位置情報の活用
位置情報を活用し、全国のタミヤイベントやショップとの連動企画、イベントもお楽しみいただけます。

引き続きケイブでは、自社のモバイルコンテンツのノウハウを活用し、高品質なコンテンツをソーシャルネットワークサービスへ対して続々と提供してまいります。

■ミニ四駆とは?
(株)タミヤ(静岡県・静岡市)が発売する、単3形乾電池2本と1個のモーターを内蔵した全長約15cmの四輪駆動のレーシングマシンです。バラエティ豊かなマシンと、豊富に用意されたグレードアップパーツによる改造の奥深さ、そしてレースで仲間と競い合う楽しさが人気となり、1982年の発売以来、累計で1億7千万台以上を売り上げている定番人気ホビーです。
2度の大ブームを経た現在、ミニ四駆は日本だけでなくアジア、欧州(イタリア、ロシア)、アメリカなどの海外でも根強い人気です。各地のホビーショップでの草レースや、鈴鹿サーキットをはじめとするイベント会場での公式レースが開催されているほか、ミニ四駆専門の公式コミュニティサイト「ミニヨンクラブ(リンク)」ではオンライン上でのファン同士の交流が活発に行われるなど、世代を超えて楽しめる、充実したレーシングホビーに成長しています。

■株式会社ケイブ
株式会社ケイブは、モバイルメディアやインターネット上で、趣味性の高いエンターテイメントコンテンツを企画・制作・運営・マーケティングするエンターテイメント事業を展開しています。エンターテイメントを通して楽しめる“コミュニティ”を構築し、オンラインゲームはもとより、あらゆるオンラインエンターテイメントをすべてのお客様に提供していきます。

■本件に対するコピーライト表記
(C)TAMIYA (C) CAVE CO., LTD.
(C)大林かおる/小学館
(C)徳田ザウルス/小学館
(C)こしたてつひろ/小学館・ShoPro

■ゲーム概要
タイトル :「ミニ四駆ビクトリーロード」
利用料  :基本プレイ無料、アイテム課金制
配信開始日:2011年1月19日(水)
URL  :リンク
利用方法 :「グリー」への無料会員登録後、利用可能
PCサイト :リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事