logo

Adobe Flash Accessにより、双方向TVのビデオ・コンテンツを保護

STマイクロエレクトロニクス 2011年01月19日 10時05分
From PR TIMES

STのSoCソリューションが、Adobe Flash Accessのサポートにより、
次世代ネットワークTVとセット・トップ・ボックスでのコンテンツ保護を実現
--------------------------------------------------------------------
世界最大の半導体メーカーの1社で、セット・トップ・ボックス(STB)および
デジタルTV用ICの主要サプライヤであるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、
以下ST)は、Adobe(R) Flash(R) Accessを搭載した最新のSTB・TV 用
システム・オン・チップ(SoC)プラットフォームによるコンテンツ保護が可能に
なったことを発表しました。Adobe(R) Flash(R) Accessは、Adobe Flash Platformの主要コンポーネントで、完全な保護・収益化ソリューションです。

Adobe社のAIR for TVプラットフォームに統合されているFlash Accessにより、
OEM・ODMメーカーやアプリケーション / サービス開発企業は、STのハードウェア・
アクセラレーションやソフトウェアに最適化されたアプリケーションの開発・構築
が可能になります。Flash Accessの極めて堅牢なサポートにより、STは受動的な
メディアから無限の選択肢を持つホーム・エンターテインメントの中心へと
移行するTVの変革を主導することができます。高性能3Dグラフィック・プロセッサ・
ユニットと高度なセキュリティ・ハードウェアを搭載したSTの最新世代STB・TV用
SoCは、消費者が求める高度なユーザ・インタフェースを有するアプリケーション
に対応し、複数の機器に亘るプレミアム・ビデオ・コンテンツにアクセスします。

STの上級副社長 兼 ホーム・エンターテインメント & ディスプレイ・グループの
ジェネラル・マネージャであるPhilippe Lambinetは、次の様にコメントして
います。「Adobeは、豊富なアプリケーションとビデオ・サービスの製作・提供を
可能にする素晴らしいソフトウェア・プラットフォームを実現しています。STは、
これを自社製品と組み合わせることで、今までに無いビデオ・サービスを最も速く
消費者に展開する道筋を提供します。これにより、過去4年間に3億1,800万個を
超えるビデオ・デコーダを出荷したコンスーマ向けビデオ市場におけるSTの地位が
さらに強化されます。」

Adobe社のFlash Runtime担当副社長であるDanny Winokur氏は、次の様にコメント
しています。「STのチップセットに搭載されたFlash AccessでAdobe AIR for TVを
サポートすることが、機器メーカーやコンテンツ・プロバイダの安全性・
柔軟性・拡張性を備えたソリューションを実現します。これにより、多くの機器への
コンテンツ配信が可能になり、収益の向上に繋がります。また、消費者は、AIR for
TVとFlash Accessが駆動する製品により、TVでプレミアム・コンテンツを見つけて
楽しむことができます。これは、将来のエンターテインメントの形です。」

入手状況
STのTV・STB用SoCに搭載されているAdobe Flash Access(コンテンツ保護および
収益化ソリューション)は、コンスーマ機器の評価・開発用として提供中です。
詳細は、リンク をご覧ください。

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な技術力
と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)ポートフォリオ、
戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することにより、マルチメディア・
コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて他社の追随を許さない
リーダーとなることを目指しています。2009年の売上は85.1億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人: リンク
STグループ(英語): リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
Consumerセグメント
TEL:03-5783-8340 FAX:03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事