logo

自動車の速度制御システム

クルーズコントロールと速度抑制のためのレーダ、カメラ、テレマティックスシステム

自動車の走行速度は、交通安全について議論するとき決まって提起される話題である。制限速度に保つことは重要な要件であるが、スムーズな走行とはまた別の問題である。適応型の自動運転システムは、その両面を補助することができるが、現在のところ、レーダーセンサのコストは非常に高価で、高級車などにしか搭載されていない。最近の、FreescaleのSiGeレーダー技術の導入の発表で、近い将来、この有益なシステムが幅広く利用される可能性が高まったようだ。手動の速度制限システムも次第に普及が進み、内蔵型のナビゲーションシステムや信号認識カメラの導入も進んでおり、高度な速度調整システムの採用の可能性が高まっている。米国調査会社ABIリサーチの予測によれば、2013年以降に普及が大きく進むだろうとのことである。この調査レポートは、自動車の速度制御市場の現状を調査し、2016年までの世界の地域毎の適応型のクルーズコントロールと高度速度抑制補助システムの予測を行っている。自動車メーカーやサプライヤの提供する技術の概要と、市場に影響を与える主要な機能の概説も記載している。



【調査レポート】
自動車の速度制御システム:クルーズコントロールと速度抑制のためのレーダ、カメラ、テレマティックスシステム
Automotive Speed Control Systems
Radar, Camera, and Telematics Systems for Cruise Control and Speed Limitation
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。