logo

倒産格付サービス10年の実績、ノウハウを反映し、「RM格付」を現状6段階から9段階に増加!

 与信管理サービスを提供するリスクモンスター株式会社(以下リスモン、本社:東京都千代田区、リンク)は、2010年12月19日より、主力事業の与信管理サービスにおける「RM格付」のロジックについて大幅なバージョンアップを実施し、与信管理サービス会員企業向けに提供開始いたします。


1.バージョンアップの背景

 リスモンは、2000年12月1日のサービス開始以来、10年間会員企業様にRM格付を提供してまいりました。
 このRM格付は、国内最大級の約240万社の企業データベースを駆使し、分析した倒産企業モデルと比較分析することにより、企業を大きくA~Fの6段階に分類したものです。RM格付は、過去の倒産実績に裏付けられたリスモンの独自指標であり、A格の企業は倒産確率が低い、つまり倒産しにくい企業、逆にF格の企業は倒産確率が高い、つまり倒産しやすい企業といえます。
 また定期的なデータ更新等によりロジックの補正を続けていることもRM格付の大きな特長の一つです。
現在、約3,000の会員企業様にご利用いただいており、企業の信用力について分かり易い取引判断指標を提示することで、会員企業様の与信管理業務の効率化と強化に寄与しております。

 今回のバージョンアップは、通常の補正よりも大きな変更であり、次の3点を背景として実施しております。

(1) 厳しい経済環境の中でも企業収益を拡大していく必要があること
(2) 今後見込まれる倒産増加に備えて、倒産判別をより強化していく必要があること
(3) サービス提供10年間で企業データの時系列情報が蓄積されてきたこと、さらに新しい企業関連データを付加してきたこと


2.バージョンアップの内容

 今回の格付ロジックのバージョンアップについてのポイントは次の3点となります。
(1) 倒産に近い低格付先であるE、F格をE1/E2、F1/F2/F3にそれぞれ細分化
(2) 格付判定不能先のG格を減少させ、一部A~F格での判定に移行
(3) 定性分析手法を見直したことや、データの蓄積によって可能となった長期トレンドでの分析を強化したことによる格付精度の向上

 かねてより会員企業様からのご要望が多かった事項について積極的に取り入れた格付を実現することができました。


3.提供開始予定日
 2010年12月19日

 リスモンは、応援していただける会員企業様に支えられ、サービス開始から10周年を迎えることができました。今後も会員企業様にご満足いただくため、格付精度の向上やサービスレベルの改善に努めてまいります。


■リスモンの概要(大阪証券取引所ジャスダック上場 証券コード:3768)
 2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理のアウトソース、ASPサービス事業を開始しました。以来サービス分野を拡大し、現在は与信管理サービス、ビジネスポータルサイト及びBPOサービスの3つを中核事業と位置づけ、事業展開しております。
リスモングループ法人会員数は2010年9月末時点で6,952(内、与信管理サービス会員数2,895、J-MOTTO会員数4,057)。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事