logo

超低価格携帯端末

発展途上市場と新興市場の入門レベルの携帯デバイス

新興経済市場の低収入の消費者向けの、低価格や超低価格のデバイスによる入門レベルの携帯端末市場は、ますます拡大している。経済危機後の世界の携帯電話の販売が再浮上する際にも、低価格や超低価格のデバイス市場は力強く成長するだろう。入門レベルの携帯端末の価格引下げ圧力はますます強くなっている。関連企業の協力の下、携帯電話の価格は下がり、同時にユーザの需要に見合うデバイスが生産されるようにもなってきた。低価格携帯端末とは60ドル以下で、超低価格携帯端末は25ドル以下である。低価格帯の携帯端末の市場は、価格の下落以外にも、機能の革新や競争の激化などの様相を呈し始めている。


【調査レポート】
超低価格携帯端末:発展途上市場と新興市場の入門レベルの携帯デバイス
Low-Cost and Ultra-Low-Cost Handsets
Entry-Level Devices for Developed and Emerging Markets
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事