logo

【レポート販売】「アメリカのモバイルビデオ市場、スマートフォンとタブレットのインパクト」

~The Compassシリーズ~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、株式会社データリソース(代表取締役 佐々木 浩 東京都港区)が提供するThe Compassシリーズ 「アメリカのモバイルビデオ市場、スマートフォンとタブレットのインパクト」の販売を開始しました。

詳細ページ: http://www.cross-shop.jp/products/detail.php?product_id=437

報道関係者各位

平成22年12月15日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「アメリカのモバイルビデオ市場、スマートフォンとタブレットのインパクト」
を販売開始

     ~The Compassシリーズ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐 幹 東京都中央区)は、株式会社データリソース(代表取締役 佐々木 浩 東京都港区)が提供するThe Compassシリーズ 「アメリカのモバイルビデオ市場、スマートフォンとタブレットのインパクト」の販売を開始しました。

詳細ページ: リンク


■■ 資料概要 ■■

2010年第3四半期で、スマートフォンの利用者はモバイル電話利用者の28%に普及している。スマートフォンの普及により、モバイルビデオの視聴は増えたが、増えているのはYouTube等のビデオポータルのコンテンツであり、通信事業者の提供するビデオサービスは落ち込みを見せている。携帯電話事業者もスマートフォンとデータ通信に力を入れており、Qualcommのモバイル放送サービスFLO TVは加入者を大きく失い、撤退寸前にまで追い詰められている。
さらに、アップル社のiPadの発表はモバイルビデオに大きなインパクトを与え始めている。タブレット型情報端末は、スマートフォン以上にモバイル環境でのビデオ視聴に適した製品であり、多チャンネル事業者は、iPadを対象としたビデオ配信の計画を次々と発表している。また、Hulu等のインターネットビデオのポータルサイトもタブレットへの配信サービスを戦略に取り込もうとしている。
地上波放送を使ったモバイルDTVも始まっているが、スマートフォン、タブレットの話題に押され、活発な動きは無い。スマートフォン、タブレットにより、モバイルビデオ市場は大きな変化を見せ始めている。
このレポートは、携帯電話市場におけるモバイルビデオサービスと、その利用状況、自動車向けビデオサービスの状況、スマートフォンとタブレット(iPad)がモバイルビデオに与えるインパクトを分析し、2014年までの利用者数を予測する。


■■ 資料目次 ■■

I. 序文
A. 調査対象
B. CruiseCast、FLO TVの失敗
C. 本レポートの章立て

II. 携帯電話市場
A. 携帯電話サービス市場
 1. 加入者数と売上げ
B. 携帯電話事業者
 1. 事業者シェア
 2. Verizon Wireless (Cellco Partnership
  a. 会社概要
  b. モバイルビデオ
 3. AT&T Mobility LLC
  a. 企業概要
  b. モバイルビデオ
 4. Sprint Nextel Corporation20
  a. モバイルビデオ
 5. T-Mobile USA, Inc

III. モバイル・ビデオの現状
A. スマートフォンの普及
B. モバイルビデオの視聴動向
C. 携帯電話向けのビデオサービス
 1. MobiTV, Inc
 2. FLO TV Inc.
  a. 概要
  b. 直接販売からの撤退
 3. Mobile DTV
D. タブレットのインパクト

IV. 自動車向けエンターテイメント市場
A. 自動車市場
B. 自動車向けエンターテイメント市場
 1. カーオーディオ市場の低迷
 2. 衛星ラジオ
 3. 自動車向けビデオシステム
  a. リアシート・エンターテイメント・システム
  b. 自動車向けモバイルTVサービス

V. 利用者数予測
A. 携帯電話、タブレットPC向け市場
 1. 携帯電話におけるモバイルビデオ視聴
 2. タブレット市場
 3. モバイルビデオの視聴者数
 4. モバイルTV放送の視聴者数
B. 自動車向け市場
 1. RSE市場
 2. RSE向け有料モバイルTV

VI. 数値
A. 携帯電話市場
B. 自動車市場
C. モバイル端末向けビデオサービス
D. 自動車向けモバイルTVサービス


図表 II-1 携帯電話契約数と対人口加入率(2002年~2009年)
図表 II-2 携帯電話サービス売上げ(2002年~2009年)
図表 II-3 加入者数と売上げの前年比成長率(2002年~2009年)
図表 II-4 携帯電話サービスのARPU(2002年~2009年)
図表 II-5 音声とデータサービスのARPU
図表 II-6 2009年携帯電話事業者シェア(加入者数ベース)
図表 II-7 Verizon Wirelessサービス地域
図表 II-8 Verizon WirelessのV CASTサービス地域
図表 II-9 Verizon WirelessのV CAST Mobile TVサービス地域
図表 II-10 AT&T Mobilityサービス地域
図表 II-11 AT&T Mobilityのデータサービス地域
図表 II-12 AT&T Mobile TVの提供地域
図表 II-13 Sprint Nextelサービス地域
図表 II-14 Sprint Nextelの加入者数の増減
図表 II-15 Sprint Nextelのデータサービス地域
図表 II-16 T-Mobileサービス地域
図表 II-17 T-Mobileのデータサービス地域
図表 III-1 スマートフォンの浸透率(2009年2Q~2010年3Q)
図表 III-2 スマートフォンOSシェア(2009年4Q~2010年3Q)
図表 III-3 モバイルビデオの視聴者(2009年1Q~2010年1Q)
図表 III-4 TV、インターネットビデオ、モバイルビデオの視聴者と視聴時間(2009年1Q~2010年1Q
図表 III-5 インターネットビデオとモバイルビデオの月平均視聴時間(2009年1Q~2010年1Q)
図表 III-6 年齢別各種ビデオ媒体月平均視聴時間(2010年1Q)
図表 III-7 MobiTVのソルーション
図表 III-8 MobiTVのチャンネル
図表 III-9 FLO TVのレシーバ製品
図表 III-10 LG DP5700MH
図表 III-10 Comcast Xfinity TVアプリケーション
図表 IV-1 自動車販売台数(2002年~2009年)
図表 IV-2 乗用車と小型トラックの売上げ(2002年~2009年)
図表 IV-3 新車販売価格(2002年~2009年)
図表 IV-4 登録されている自動車の台数(2002年~2009年)
図表 IV-5 ラジオ聴取時間
図表 IV-6 ラジオ広告市場(2002年~2009年)
図表 IV-7 衛星ラジオへの加入者数(2002年~2009年)
図表 IV-8 Sirius XM Radioの収益推移
図表 IV-9 RSEシステム出荷台数(2002年~2009年)
図表 IV-10 AT&T CruiseCastのアンテナ
図表 IV-11 DirecTVのモバイル・ソルーション
図表 IV-12 Sirius Backseat TV
図表 V-1 携帯電話の利用者数予測(2007-2014)
図表 V-2 携帯電話でのビデオ視聴者数予測(2007-2014)
図表 V-3 タブレットPCの利用者(2007-2014)
図表 V-4 モバイルビデオの視聴者数(2007年~2014年)
図表 V-5 モバイルTV放送の視聴者数(2007年~2014年)
図表 V-6 有料モバイルTV放送への加入者数(2007年~2014年)
図表 V-7 RSE登載車数(2007年~2014年)
図表 V-8 モバイルTVチューナー登載車数(2007年~2014年)
図表 V-9 RSE向け有料モバイルTV加入者数(2007年~2014年)


■■ 概要 ■■

商 品 名:The Compassシリーズ
      アメリカのモバイルビデオ市場、スマートフォンとタブレットのインパクト
発 刊 日:2010年12月10日
判   型:A4/67頁〔PDFファイル〕
発   行:株式会社データリソース
調査・編集:NSI Research, Inc.社
販   売:株式会社クロス・マーケティング
価   格:73,500円(税抜70,000円+消費税3,500円)
*このレポートは、PDFファイルでのご提供となります。

詳細ページ: リンク


【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。


■■ 株式会社クロス・マーケティングについて ■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を、主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■ 株式会社クロス・マーケティング 会社概要 ■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号 銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
       NS-Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319 
Fax:03-3549-0221 
Mail:ns-info@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。