logo

預り資産残高が300億円を突破~「リーマンショック」以降 預り資産残高、口座数共に25ヶ月連続増~

株式会社サイバーエージェントFX(以下、「当社」という。 本社:東京都渋谷区 代表取締役:高根宏章)は、この度、外国為替証拠金取引「外貨ex」の預り資産残高が2010年12月13日時点で300億円を突破致しました。

■預り資産残高300億円突破の背景
これまで当社は、お客様に最善の取引環境を提供すべく、各通貨ペアのスプレッド縮小や口座開設キャンペーンをはじめとする各キャンペーンの実施、FX トレードツールアプリ「Cymo(サイモ)」の開発、FXセミナーの開催、お客様へのサポート体制等の充実に努めてまいりました。
特に、「Cymo」に関しては、FX初心者から上級者に至るまで、全てのお客様にご満足頂けるクオリティを目指して、サービスの開発と改善に努めております。その中でもiPhone Cymoは、抜群の操作性と、見やすい画面、PCと同等の注文機能を備えていることから、大変ご好評を頂いております。現在は、Android版Cymoの開発も進めており、2011年2月頃のリリースを予定しております。
また、2011年1月頃には、外貨exにおいて、新しく豪ドル/米ドル、NZドル/米ドルの2通貨ペアの追加を予定しており、全12通貨ペアでのお取引が可能となります。
こうしたサービスの開発・改善に向けた様々な努力を、多くのお客様にご支持頂けたことが、この度の300億円を超える預り資産残高につながったと考えております。

【注記】
外国為替証拠金取引では、お客様が所定の証拠金を預託する事により、その証拠金の額に比して大きな額の取引を行う事ができます。
この時お客様は、大きな利益を得る可能性がある反面、通貨等の価格または金融指標の数値がお客様にとって不利な方向に変動する事により、損失を被るおそれがあり、かつ当該損失の額が預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。スワップポイント(金利差調整分)について、お客様の保有するポジションの種類によって受取または支払が発生します。将来にわたって通貨ペアを構成する両通貨の金利差が縮小または逆転した場合には、その受取金額が縮小したり、反対に支払へと転ずる可能性がございます。お客様が差し入れる証拠金は取引に際し担保として差し入れるものであって投資元本ではなく、また預託した証拠金相当額の返還は保証されません。お客様は取引開始にあたって、本取引の特徴、取引条件、仕組み及びリスクについて十分に理解した上で、ご自身の判断と責任において、自己の計算によりお取引を行って下さい。
外貨exの取引手数料は、1回の約定数量が10,000通貨単位以上なら無料、1,000~10,000通貨単位未満なら片道1通貨単位あたり3銭です。取引証拠金は毎日変動し、前営業日のニューヨーククローズレートに所定の数値を乗じ、100円単位を切り上げた額となります。
具体的な数値、計算方法、レートの種類につきましては取引説明書・ホームページをご確認下さい。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社サイバーエージェントFX
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第271号
社団法人金融先物取引業協会 加入
サイバーエージェントFX総合ページ :リンク
外貨ex :http:// www.cyberagentfx.jp/gaikaex/
くりっく365 :リンク
C-NEX :リンク
FX トレードアプリ「Cymo(サイモ)」 :リンク
所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ ウェスト20階
設立年月日:2003年9月1日
資本金:4億9千万円

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。