logo

「プライベートCA Gleas(グレアス)」、IIJのクラウドサービス「IIJ GIO」に対応

~ クラウド対応版Gleas 『Gleas on GIO』の販売開始 ~

株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ(本社:東京都荒川区、代表取締役:山田公介、以下JS3)は、プライベート認証局製品である「プライベート CA Gleas、以下Gleas」が、株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木幸一、以下IIJ)のクラウドサービスである「IIJ GIOサービス(以下IIJ GIO)」に対応するとともに、クラウド対応版Gleas 『Gleas on GIO』を2011年1月11日から発売開始します。

「IIJ GIO」は、IIJグループで2000年より展開してきたリソースオンデマンドサービス「IBPS(Integration & Business Platform Service)」で培った運用技術を活かし、HaaS/IaaSからSaaSまですべてのサービスレイヤをカバーした高品質なクラウドサービスです。「IIJ GIO」の主な特徴は以下のとおりです。

1.柔軟なシステム構成を実現する高性能・高機能なクラウドプラットフォーム
2.運用効率を高めることで月額8,000円~の低価格を実現
3.安価なレディメイド型と柔軟性の高いオーダーメイド型の2タイプを提供
4.高いサービス品質とセキュリティレベルを確保

「Gleas」は、プライベート認証局の開発・販売から得たノウハウに基づき、さらに高い柔軟性と操作性を実現するために開発された認証局アプライアンスです。ここ数年、「Gleas」は企業でのリモートアクセスを中心とした認証ソリューションとしての導入が増加しています。その背景には、インターネット、クラウドなどの普及とともに、スマートフォンなどの新たなデバイスの登場により、企業における情報資産管理に関する大きな変化が発生しているものと思われます。このような変化は、大企業を中心として発生していますが、今後は中堅・中小企業からのニーズが徐々に高まっていくと推測されています。

「Gleas」は、今後ますます高まるクラウド化へのニーズに柔軟かつ迅速に対応できる製品を目指し、IIJのクラウドサービスである「IIJ GIO」への対応を行うことで、大企業だけでなく、中堅・中小企業においても、PCやiPhone/iPad等のモバイルデバイスから社内リソースへのセキュアなリモートアクセス環境の構築が可能なクラウド対応版Gleas 『Gleas on GIO』をリリースしました。

クラウド対応版Gleas 『Gleas on GIO』の提供料金例は、以下のとおりとなります。

【最少構成例:「50クライアント証明書」+「年契約タイプ」の場合】 
・初年度~3年目:49.4万円/年
〔IIJ GIO料金(年間):6万円+年間保守料金:8.4万円含む〕
・4年目以降:14.4万円/年
〔IIJ GIO料金(年間):6万円+年間保守料金:8.4万円〕

※50ユーザで5年間利用の場合:590円/1社員/月となります。
※年契約タイプは、3年間が最低利用期間となります。
※年契約タイプ以外にも、一括契約タイプもございます。
※SSL-VPN装置などの通信機器の費用は本料金には含まれておりません。

今回の製品連携について、 株式会社インターネットイニシアティブ 執行役員 マーケティング本部長 松本光吉氏は次のように述べています。

「IIJ GIOが、JS3様のプライベートCA Gleasとパッケージ化されることにより、お客様に提供できる価値を拡大でき、大変喜ばしく思っております。社内システムへのアクセス手段・デバイスの種類・場所等の多様性に対するニーズが高まる中で、利用者は、今回のパッケージを利用することで、これまで以上に便利にかつ安全なリモートアクセス環境を構築いただけます。IIJは、今後もお客様に価値あるサービスを積極
的に提供してまいります。また、JS3様が有するPKIソリューションに関するノウハウ・技術に、GIOパートナーとして大いに期待しております。」

JS3代表取締役の山田 公介は次のように述べています。

「IIJ社のクラウドサービスであるIIJ GIOは、当社のプライベートCA Gleasが中堅・中小企業のお客さまにご利用いただく機会の拡大に大きく貢献してくれるものと確信しております。プライベートCA Gleasは、今後もクラウド・スマートフォンをはじめとする企業からのニーズに積極的な対応を図って参りますが、今回発表させていただくクラウド対応版Gleas『Gleas on GIO』における、IIJ社との連携はプライベートCA Gleas のさらなる認知と拡販に寄与してくれるものと期待しています。」

また、JS3は、IIJとのアライアンスを積極的に推進することにより、「Gleas」の販売パートナーに対して、より一層魅力ある「Gleas」の提供を行ってまいります。JS3は、今後5年間でクラウドGleas 『Gleas on GIO』が50社に採用されることを目指します。


【株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズについて】
株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズは、PKI(公開鍵暗号基盤)を利用した製品開発・販売企業です。自社開発の「プライベートCA Gleas」を中心に、USB トークンやスマートカードなどの認証デバイスと組み合わせたビジネスを積極的に展開しています。
Gleasでは、お客さま自らが証明書の発行要求やダウンロードなどの管理業務を実施できるユーザ申込画面を新たに追加するなど、ユーザ登録業務を簡略化することにより、中小規模から10万ユーザを超える大規模なお客さまの環境においても、ご利用可能となります。


【本件に関する問い合わせ先】
〔株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ〕
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-52-2 神谷ビル7F
E-Mail: sales@jcch-sss.com TEL: 03-5615-1020 FAX: 03-5604-1563

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事