logo

企業・営業向けに特化したアプリ開発サービス「TAP BIZ-CONTENT(タップ・ビズ・コンテント)」の提供を開始。~第一弾は、セキスイハイム女性スタッフ向けiPadアプリ『iHeim』に採用~

株式会社 日本SPセンター 2010年12月10日 10時50分
From PR TIMES

 住宅や家電など、情報量の多い商品の広告制作を得意とする株式会社日本SPセンター(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 渡辺 一男)は、2010年12月10日より、iPadを活用した営業コミュニケーション向けのアプリ開発サービス「TAP BIZ-CONTENT(タップ・ビズ・コンテント)」の提供を開始いたします。

 一般企業におけるiPadの活用は、クラウドやスケジュール管理など、業務効率化の用途では広がりを見せているものの、効果的な商品説明や営業コミュニケーションには、まだ積極的に取り入れられていないのが現状です。これは、Objective-Cによるネイティブアプリ開発の場合、審査を含めると制作期間が長くかかることや、開発コストが大きく、マーケティング成果に対して費用対効果が合わないというのが、その理由に挙げられます。
------------------------------------------------------

【1】WEB技術によるアプリ開発で低コスト・短納期を実現

「TAP BIZ-CONTENT(タップ・ビズ・コンテント)」では、最新のHTML5やJavaScript、CSS、FlashなどのWEB技術を活用してコンテンツを作成し、これをダイレクトにアプリ化する開発フローを構築しました。これにより、伝えたい情報は比較的自由に盛り込みながらも、低コスト、短納期でのオリジナルアプリ開発を実現します。

 【※開発メニューの概要】
●既存のWEBデータを活用するプラン(40万円~)やスライド型(60万円~)をはじめ、フルカスタマイズプランまで幅広く対応。費用対効果を考えたビジネスコンテンツアプリをご提供します。

1.WEBコンバート型(既存のWEBサイトをiPadアプリに変換):40万円~
2.ムービーグリッド型(大量の動画を分類・収納するコンテナアプリ):50万円~
3.デザインスライド型(動画再生可能、順序も自在なプレゼンアプリ):60万円~
4.フルカスタマイズ型(企業ごとの営業スタイルにカスタマイズしたアプリ):応相談~

※詳しくはメニュー表の画像をご覧ください。
------------------------------------------------------

【2】リアルな営業シーンから導いた「4つの画面スタイル」を採用

さらに、「TAP BIZ-CONTENT(タップ・ビズ・コンテント)」では、営業コミュニケーションに特化し、営業スタイルや話す相手との位置関係によって、画面がどう見えるか、情報の訴求効果がどう変わるかを検証しました。それをiPadのインターフェース特長に合わせてテンプレート化することで、より幅広い業種の営業コミュニケーションに対応できるようにしました。

  【※4つの画面スタイルとは】
●相手に画面を見せながら何かを伝える営業シーンで、より最適な画面設計を「4つの画面スタイル」に分類。そこから、自社の営業スタイルに近いテンプレートを選び、最適な情報量で流れのよいストーリーを組み込んでいくので、より実用的でカスタマイズ性の高いアプリ開発が可能になります。

1.紙芝居スタイル:会議室など相手と少し離れたフォーマルなプレゼンテーションに
2.アプローチスタイル:店頭などで大量の情報をすぐに取り出す必要がある場合に
3.参加型スタイル:お客様と向き合いアンケートやヒアリングなど行なう場合に
4.手渡しスタイル:イメージ訴求などお客様のペースでじっくり見てもらう場合に

※詳しくは解説用の画像をご覧ください。
------------------------------------------------------

【3】セキスイハイムの女性ハウジングアドバイザー向けアプリに採用

これらのノウハウを取り入れた採用実例として、セキスイハイム(積水化学工業株式会社 住宅カンパニー/本社:東京都港区 プレジデント:高下貞二)の女性ハウジングアドバイザー向けのiPadコンテンツ『iHeim』を納入いたしました。女性を意識したやさしいデザインの中に、動画、写真、音声など豊富な要素を盛り込み、20テーマ分の訴求ストーリーにまとめた盛りだくさんの楽しい営業支援アプリです。

※実際の画面イメージもご覧ください。
------------------------------------------------------

【4】Androidや他デバイスのコンテンツにも利用が可能

「TAP BIZ-CONTENT(タップ・ビズ・コンテント)」のアプリは、WEB技術で作られているため、iPad/iPhone以外にも、Androidアプリやモバイルサイトのコンテンツに利用することもできます。こうした汎用性を活かし、企業ごとの細かなニーズに対応することで、より多くの企業に訴求効果と費用対効果の高いタッチデバイス用のビジネスコンテンツを提供していくことをめざします。

------------------------------------------------------
【株式会社日本SPセンターについて】
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-1-5 青山第一田中ビル
設立:1967年9月30日
資本金:5,000万円
代表者:渡辺 一男(代表取締役社長)
リンク

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社日本SPセンター 第2ビジネスユニット
清久(きよく) : kiyoku@nspc.jp または 佐々木 : y-sasaki@nspc.jp
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-1-5 青山第一田中ビル
TEL:03-3406-5731 FAX:03-3406-5704
------------------------------------------------------
【TAP BIZ-CONTENTの詳細は】
リンク

【セキスイハイムについて】
リンク
------------------------------------------------------
※iPadはApple Inc.の商標です。
※Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。