logo

SHOOTI クチコミランキングNews第14号 ブログで話題の「好きなおでんの種」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■SHOOTI 話題のランキング (ブログで話題の「好きなおでんの種」)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●凍てつくような冬の日に、心も身体も温めてくれる日本のソウルフード
「おでん」。人気ナンバーワンの種は、たまご? 大根? それとも?

身体の芯まで凍えてしまいそうな冬の日に、「おでんを食べたい!」とい
う衝動に駆られたことのある人は多いと思います。出汁が染みた熱々のお
でんをハフハフしながら食べると、心までポカポカ温まるような気がして
くるから不思議です。

そこで今回は、ブログウォッチャーが提供している国内最大の口コミ検索
エンジン「SHOOTI」(リンク)を使用して、ブログで口コミ
されている「好きなおでんの種」を大調査! 「ブログで話題の『好きな
おでんの種』」を、口コミ数の多さや口コミ内容を踏まえて独自のランキ
ングにまとめてみました!(調査期間:2010年9月6日~11月28日)

─────────────────────────────────
◆ブログで話題の「好きなおでんの具」
【1位】大根    ... 男性の口コミが上位5位中最多の26%
【2位】たまご    ... 10代の口コミの多さが特徴的
【3位】こんにゃく ... 30代の口コミが上位5位中最多の33%
【4位】はんぺん  ... 20~30代の口コミだけで全体の88%を占める
【5位】ちくわぶ ... 10~20代が全体の7割超を占めるのはこれだけ
─────────────────────────────────

全体的な傾向として「好きなおでん種」に関する口コミは、どのキーワー
ドでも、女性によるものが8割近くを占めています。そんななかで、男性
口コミが26%と、上位5位中で最多だった「大根」が1位にランクインし
ており、男女を問わずに愛される食材ゆえの人気であることがうかがわれ
ます。2位の「たまご」は10代の口コミが多く、「こんにゃく」は30代、
「はんぺん」は20~30代、「ちくわぶ」は10~20代と、話題にしている年
齢層が分かれている点が特徴的です。

詳細は、以下をご覧ください。

【1位】大根(ブログ数:7,357)

冬野菜の代表格である大根は、おでん種としても存在感を示しています。
出汁をたっぷり含んだ大根には、鍋全体のおいしいエキスが凝縮されてい
ますが、作り方に関するこだわりを述べるブログも少なくないようです。
口コミ全体の26%を男性が占めていますが、これは上位5位中では最多で
す。女性の口コミが圧倒的多数を占める「好きなおでん種」という話題に
あって、「大根」は男性の関心・支持を最も多く集める食材だといえます。

[口コミしている人の男女比]
男性:26%
女性:74% ★

[口コミしている人の年齢構成比]
10代:8%
20代:56% ★
30代:28%
40代:8%

[前後の文脈]
ポジティブ:61% ★
ネガティブ:14%
中間(ポジティブ・ネガティブ両方含む):25%

[口コミブログのコメント例]

‐冬に求められるおでんと冬にその魅力が引き出される大根。二つが出会
うのはまさに宿命だったのです...!

リンク

‐好きなおでんの具は...大根!! だしが染み込んだのが好き~。

リンク

【2位】たまご(ブログ数:4,638)

淡い出汁の味が魅力的なおでんですが、ごはんのおかずとしては物足りな
さも否めず、「成人して、酒の肴としてつまむようになってから、初めて
魅力を理解した」というのはよく聞く話です。そんなおでんのなかで、例
外的に華やかな存在である「たまご」は、子どものころから好きだった人
が多そうですが、この仮説を裏付けるかのように、10代による口コミが9
%と、上位5位中最多となっています。

[口コミしている人の男女比]
男性:21%
女性:79% ★

[口コミしている人の年齢構成比]
10代:9%
20代:58% ★
30代:26%
40代:7%

[前後の文脈]
ポジティブ:59% ★
ネガティブ:15%
中間(ポジティブ・ネガティブ両方含む):26%

[口コミブログのコメント例]

‐おでんに入ってる玉子って、なんであんなに美味しんだろう!

リンク

‐私の好きなおでんの種ですが、たまごです。卵が苦手な私が美味しく頂
ける卵料理のひとつです。

リンク

【3位】こんにゃく(ブログ数:2,881)

それ自体が「主役」として強い主張をするわけではないものの、おでん鍋
を彩る顔ぶれのなかで、絶対に欠かせない食材として挙げられることが多
いのは「こんにゃく」です。「こんにゃく」を口コミしている人の傾向に
は、これといった特徴は見られませんが、強いて挙げるなら30代によるも
のが33%と、上位5位中で最多となっています。

[口コミしている人の男女比]
男性:23%
女性:77% ★

[口コミしている人の年齢構成比]
10代:8%
20代:51% ★
30代:33%
40代:8%

[前後の文脈]
ポジティブ:61% ★
ネガティブ:14%
中間(ポジティブ・ネガティブ両方含む):25%

[口コミブログのコメント例]

‐おでんを食べるときは真っ先にこんにゃくを確保して、堪能してから次
の種を食べます。あのつるんとした食感、独特の臭い、歯ごたえ、箸でつ
まんだときのプルプル感が食欲をそそる!

リンク

‐おでんといえばまず、こんにゃく。これだけははずせない。

リンク

【4位】はんぺん(ブログ数:2,529)

ふわふわとした食感でおなじみの「はんぺん」には、一定数のファンが存
在するのではないかと考えられます。今回は「はんぺん」というキーワー
ドで集計しているため、自動的に「黒はんぺん」(静岡で好まれる食材)
を含む結果となっていますが、「白い(通常の)はんぺん」と「黒はんぺ
ん」を比較する記述も目に付きます。20代の口コミが63%、30代の口コミ
が25%と、20代・30代の口コミだけで全体の88%を占める点が特徴的です。

[口コミしている人の男女比]
男性:23%
女性:77% ★

[口コミしている人の年齢構成比]
10代:5%
20代:63% ★
30代:25%
40代:7%

[前後の文脈]
ポジティブ:64% ★
ネガティブ:13%
中間(ポジティブ・ネガティブ両方含む):23%

[口コミブログのコメント例]

‐今日の晩御飯は、姉特製のおでんでした。具だくさん~ 私リクエスト
のはんぺんは後のせでふわふわです

リンク

‐夫と最近もめてます。おでんに入れるはんぺんなんですけど、白くてフ
ワフワしたはんぺんが超美味しいと思うんですが、夫曰わくはんぺんは黒
だろうというわけです。

リンク

【5位】ちくわぶ(ブログ数:1,845)

「ちくわぶ」とは、小麦粉を練り固めて棒状に成形したもので、東京を中
心に親しまれているおでん種です。それ以外の地域ではほとんど用いられ
ないため、知らない人はまったく知らないというマニアックな食材でもあ
ります。口コミしている人の年齢構成比を見ると、10代が8%、20代が66
%と、10代・20代だけで全体の7割以上を占めているのは上位5位中、ち
くわぶだけとなっており、若年層の関心・支持の高さが注目されます。

[口コミしている人の男女比]
男性:23%
女性:77% ★

[口コミしている人の年齢構成比]
10代:8%
20代:66% ★
30代:22%
40代:4%

[前後の文脈]
ポジティブ:62% ★
ネガティブ:15%
中間(ポジティブ・ネガティブ両方含む):23%

[口コミブログのコメント例]

‐ちくわぶは大きいよりも薄めに切るのが好きなんです。おでんの汁がし
み込みやすいし、食べやすい。

リンク

‐とくにちくわぶが大好き。他の具は一つずつ食べても、ちくわぶは3個
ぐらい食べたい。二日目のでろんでろんになったちくわぶはもっとおいし
い。次の日は5個くらい食べたい。

リンク

6位~10位は、以下のおでんの具です。

【6位】こんぶ(ブログ数:1,259)

【7位】厚揚げ(ブログ数:1,214)

【8位】牛すじ(ブログ数:1,137)

【9位】ちくわ(ブログ数:1,130)

【10位】じゃがいも(ブログ数:1,027)

※口コミしている人の「男女比」「年齢構成比」「前後の文脈」は、ブロ
グ解析ツール『SHOOTI BUZZ REPORT』(リンク)を使用し
て数値を割り出したものです。

─────────────────────────────────
◆◇今回のランキングについて

今回のランキングは、「ブログで話題の『好きなおでんの種』」をネット
上の口コミ数をもとに順位付けしたものです。

本調査で使用した検索エンジン「SHOOTI」(リンク)は、日本
中のブログやレビュー記事から集めた、みんなの体験知・ホンネを伝える
実体験メディアです。「これってやった人いないかな?」と、「誰かの体
験」を探したいとき、SHOOTIで検索することで、ブログやレビュー記事の
新しい楽しみ方を発見していただければと考えています。

◆◇本件に関するお問い合わせ先

サービス担当 press@blogwatcher.co.jp
─────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。