logo

アルテラ、CPLDの新製品 MAX V (マックス ファイブ)を発表

日本アルテラ株式会社 2010年12月07日 11時51分
From PR TIMES

・類似競合CPLD製品よりトータル消費電力を最大50%低減

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション (本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長兼 CEO:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:日隈寛和、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ)は米国時間12月6日(日本時間:12月7日)、CPLDの新製品MAX(r) Vデバイス・ファミリの出荷を開始し、最大のマーケットシェアを有する同社のCPLD製品群を拡充したことを発表しました。MAX Vファミリは、インスタント・オン機能、シングルチップ、不揮発性という従来からのMAXシリーズの特長を維持しつつ、トータル消費電力は競合CPLD製品の半分に低減されています。

40~2,210ロジックエレメント(LE)の幅広い集積度を提供するこの新しいMAX V CPLDは、ワイヤライン通信やワイヤレス通信、産業機器、コンシューマ、コンピュータ/ストレージ、オートモーティブ、放送機器、軍用機器などの幅広い分野において、汎用ならびにポータブルのいずれのデザインにも最適な低消費電力と高性能を提供します。
MAX V CPLDのトータル消費電力は、同等の集積度を持つ競合製品と比べて、最大50%低減されています。また、わずか45μW、のスタティック消費電力によるバッテリー寿命の延長など、消費電力の面での優位性を備えています。さらに、MAX V CPLDは、競合CPLD製品と比べ、同一コスト条件で単位面積あたり、より多くのI/Oとロジックを提供しているため、設計者によるコスト目標の達成を支援します。全てのMAX V ファミリ製品は、環境基準に対応した、様々な低コストかつハロゲン・フリーのパッケージ(EQFP, TQFP, FBGAおよび MBGA)で提供されます。

【MAX Vファミリの主な応用例】
・I/O拡張: 他の標準デバイスで、利用可能なI/O数を効率良くかつ低コストで増加させる、I/Oデコーディングを実行
・インタフェース・ブリッジング: 可能な限りの最小コストで、互換性のないデバイス間のバス・プロトコルと電圧を変換
・電力管理: ボード上の他のデバイスのパワーアップのシーケンスとモニタリングを管理
・コンフィギュレーションと初期化: ボード上の他のデバイスのコンフィギュレーションや初期化を制御
・アナログ制御: デジタル-アナログ・コンバーター(DAC)を使用せず、パルス幅モジュレータ(PWM)を介してアナログ標準デバイス(光、音声、あるいはモーション)をデジタルに制御

【価格と出荷時期】
MAX V デバイス・ファミリは、40~2,210LEに及ぶロジック集積度を持つ7つの製品で構成されています。最初の2つのMAX Vデバイスである EP5M80ZE64C5N および EP5M240ZT100C5N はすでに量産出荷開始されており、販売価格はそれぞれ1.70ドル、4.90ドルです(※100個単位販売時)。新しいMAX V CPLDファミリの詳細は、www.altera.co.jp/maxvをご覧ください。MAX Vファミリの全製品は、2011年第2四半期末までに量産出荷されます。MAX V ファミリの全製品は、現在www.altera.co.jp/quartus2からダウンロード可能なQuartus(R) II 開発ソフトウェア v.10.1によってサポートされています。


【アルテラ・コーポレーションについて】
アルテラ・コーポレーションは、プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーです。1983年にシリコンバレーで創業した世界で最初のファブレス企業であり、1988年に NASDAQ に上場しました。FPGA / CPLD、ASICなど、カスタム・ロジックの分野におけるテクノロジー・リーダーとして高成長を続け、顧客企業のイノベーションに貢献しています。世界各国に拠点を持ち、日本法人である日本アルテラ株式会社は1990年に設立されました。顧客志向のソリューションが高く評価され、日本における PLD 市場でトップシェアを維持しています。アルテラのFPGA、CPLD、およびASICデバイスついての詳細情報は、アルテラのウェブサイト(www.altera.co.jp)をご覧ください。Facebook、RSS、Twitterでも情報提供を行っています。

・Altera、The Programmable Solutions Company、アルテラのロゴ、弊社特定デバイスの定義、およびその他の商標ならびにサービス・マークを意味する語彙は、特記されていない限り、すべてアルテラ・コーポレーションの米国及びその他の国における登録商標、商標または サービス・マークです。その他記載されている製品名あるいはサービス名は各所有企業に帰属します。 

・Statements in this press release that are not historical are "forward-looking statements" as the term is defined in the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Forward-looking statements are generally written in the future tense and/or preceded by words such as "will," "expects," "anticipates," or other words that imply or predict a future state. Forward-looking statements include the timing of the availability of all MAX V devices. Investors are cautioned that all forward-looking statements in this release involve risks and uncertainty that can cause actual results to differ from those currently anticipated, due to a number of factors, including without limitation, product development schedules, as well as other risk factors discussed in documents filed by the company with the Securities and Exchange Commission (SEC) from time to time. Copies of Altera's SEC filings are posted on the company's website and are available from the company without charge. Forward-looking statements are made as of the date of this release, and, except as required by law, the company does not undertake an obligation to update its forward-looking statements to reflect future events or circumstances.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事