logo

日本初の『がんがわかるWEB大賞2010』、約3500名の投票で決定。『がん情報ガイド』や『がん治療費.com』などが受賞

日本最大級の病院検索サイト、医薬品検索サイト、医療情報サイトを運営する総合医療メディア会社の株式会社QLife(キューライフ/本社:東京都世田谷区、代表取締役:山内善行)は、【2010年Best啓発サイトアワード『がんがわかるWEB大賞』】を実施した。主催:QLife、協力:ヤフー、読売新聞東京本社、サンケイリビング新聞社(順不同)。

一般ユーザーから自薦他薦された100以上のがん関連サイト群から上位11サイトがノミネートに選出され、それら11サイトに対する投票が1か月間(平成22年10月1日~10月31日)行われた。投票には昨年を上回る約3500人が参加し、以下の5サイトが最終的に選定された。「がん関連情報サイト」に特化して本格的なアワードが実施されたのは、日本では初めて。

※受賞団体代表者のコメント、賞の実施概要、ノミネート&審査基準などは、結果サイトでご覧ください。審査委員長から各サイトの運営者&利用者のそれぞれに向けたメッセージもあります。リンク

【医療情報】部門
大賞: 『がん情報ガイド』(中外製薬株式会社)
優秀賞: 『がんサポート情報センター』(株式会社エビデンス・株式会社医薬情報ネット)
 
【より良く生きるための情報】
大賞: 『がん治療費.com』(NPO法人 東京地域チーム医療推進協議会)
優秀賞: 『SurvivorSHIP.jp』(大鵬薬品工業株式会社)
 
【Yahoo!ヘルスケア・ピンクリボン賞】
『乳がん.JP』(アストラゼネカ株式会社)


【ノミネートサイト一覧】(50音順)リンク
【医療情報】部門
●『エルねっと』…西日本がん研究機構(WJOG)・アストラゼネカ株式会社
●『がん患者サービスステーションTODAY!』…株式会社VOL-NEXT
●『がんサポート情報センター』…株式会社エビデンス・株式会社医薬情報ネット
●『がん情報ガイド』…中外製薬株式会社
●『がん情報.net』…NPO法人キャンサーネットジャパン
●『乳がん.JP』…アストラゼネカ株式会社
【より良く生きるための情報】部門
●『がん治療費.com』…NPO法人東京地域チーム医療推進協議会
●『健康と病の語りディペックス・ジャパン』…特定非営利活動法人健康と病いの語りディペックス・ジャパン
●『SurvivorSHIP.jp』…大鵬薬品工業株式会社
●『大切にしたい、命のビジョン』…バイエル薬品株式会社
●『LifePalette』…株式会社メディエイド

注:「官公庁、国立の専門機関、がん診療連携拠点病院によるサイト」「個人、海外所在、所在不明瞭な運営者によるサイト」「代替医療を推奨するサイト」「登録制ページが多くを占めるサイト」は、ノミネート対象からは除外。

<開催趣旨>「男の2人に1人、女の3人に1人」ががんにかかると言われる時代。
がんは、多くの人がかかわる深刻な病気である一方で、医学や対処ノウハウの進歩も著しい分野です。そのためか「情報不足感」も大きいと言われます(※)。そこで、より有用と思われるサイト選定をきっかけに、情報の受発信者が共にレベルアップしていく機運を高めようではありませんか。今回の投票を、がんに関して勉強する機会にぜひ役立ててください。
※がん対策推進基本計画が、「国民の情報不足感」の解消を最重要課題の一つとしている。

<開催概要>
○主催:株式会社QLife(キューライフ)
○協力:ヤフー株式会社、株式会社読売新聞東京本社、株式会社サンケイリビング新聞社(順不同)
○審査委員長:中山健夫 京都大学大学院教授 (健康情報学や臨床疫学、ヘルスコミュニケーションの専門家。多数の診療ガイドライン作成に関わり、「EBMを用いた診療ガイドライン作成・活用ガイド」など多くの著書・論文を発表。現在、診療ガイドライン、患者から見たがん情報の整備に関する厚生労働科学研究班の代表。)
○スケジュール:第1弾=ノミネート推薦受付期間9月9日~9月23日、第2弾=投票受付期間10月1日~10月31日
○賞の内容:「1.医療情報」部門と「2.より良く生きるための情報」部門の2部門につき、「大賞」「優秀賞」を選定
※「Yahoo!ヘルスケア・ピンクリボン賞」も同時実施します。
○発表:12月1日(予定) 主催社ならびに協力社のサイト上
○ご注意:この賞は、受賞サイトの内容正確性・完全性を保証する趣旨ではありません。またサイトに記載された内容を推奨する趣旨でもありません。

<昨年の実施概要・結果発表>
【2009年Best疾患啓発サイトアワード『病気がわかるWEB大賞』】
リンク
※3,360名が投票に参加。ただし今年は、「がん領域に絞る」点と「製薬会社のサイト以外も広く対象とする」点が昨年とは異なる。

────────────────────────────────────────
<株式会社QLifeの会社概要>
会社名 :株式会社QLife(キューライフ)
所在地 :〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-7-2 リングリングビルA棟6F
代表者 :代表取締役 山内善行
設立日 :2006年(平成18年)11月17日
事業内容:健康・医療分野の広告メディア事業ならびにマーケティング事業
企業理念:生活者と医療機関の距離を縮める
サイト理念:感動をシェアしよう!
URL : リンク
────────────────────────────────────────
本件に関するお問い合わせ先:
株式会社QLife  広報担当
TEL : 03-5433-3161 / E-mail : info@qlife.co.jp
────────────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事