logo

データセンター向けエネルギーモニタリングを実現する 環境監視ソフトウェア「eneview(エネビュー)」を発売

 パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社(本社:大阪市北区 代表取締役社長:前川 一博 以下:パナソニック電工IS)は、電力消費量・温度などのモニタリングに用いる環境監視ソフトウェア「eneview(エネビュー)」の提供を12月1日から開始いたします。
 「eneview」を用いた環境監視では、パナソニック電工株式会社の省エネ支援機器「多回路エネルギーモニタ」と、環境監視・電源管理システム「本体コントローラM」、ならびに「温度センサ」等を用います。分電盤内に多回路エネルギーモニタ、サーバラック内に温度センサなどを取り付けてサーバルームのデータを収集、環境監視ソフトウェアで電力使用量や温度、湿度の情報を一元管理します。ユーザー視点での使いやすさ、見やすさ、わかりやすさにこだわり、データ収集、グラフ表示などに加え、異常値のアラーム通知機能、Webでのリアルタイム状況開示機能などを搭載、省エネ対策の立案に欠かせない迅速で正確な環境情報の「見える化」を実現いたします。

■「eneview」の概要
(1)ソフトウェア名 「eneview(エネビュー)」
(2)発売日      2010年12月1日
(3)価格       525,000円(税込み)  
(4)目標        2012年度末までに100社へ導入 

  ※「eneview」を用いたシステム構成(例) 
    ・eneview環境監視ソフトウェア
    ・パナソニック電工製 省エネ支援機器「多回路エネルギーモニタ」
    ・パナソニック電工製 環境監視・電源管理システム「本体コントローラM」、「温度センサ」 等

■開発の背景 
改正省エネ法の施行により企業の環境志向が顕著になるなか、拠点や設備ごとのデータ収集・分析に基づいたエネルギー使用量の削減ニーズが高まっています。一方データセンターやサーバルームにおいては、電力消費量の約40%が空調によるものとされており、最近ではサーバ数の増加、高集約化にともなう電力消費量の増大も課題となっています。
このような事業環境を背景に商用データセンターのみならず、企業のデータセンターにおいても信頼性、コスト低減に加え、環境への配慮が求められています。
「eneview」は、グリーンITに取り組む企業が、継続的に消費エネルギーを「見える化」し、次の対策立案に活用いただくための商品として開発しました。

■主な特長
1.これまでに培ったノウハウをソフトウェアに!
パナソニック電工ISが自らデータセンター運用に取り組むなか、ユーザーとして必要だと実感した機能をソフトウェアに。
グリーンITに取り組む企業をサポートします。
【パナソニック電工ISの実績】
パナソニック電工ISは自社データセンターでの「eneview」活用により、約280万円/月のコスト削減に成功!※
※温度計測実績、分析による空調機稼動調整、照明器具改善などで実現

2.パナソニック電工製機器を活用!
パナソニック電工株式会社の省エネ支援機器「多回路エネルギーモニタ」、環境監視・電源管理システム「本体コントローラM」等を活用したデータ収集を実現。

3.データセンター・サーバルーム管理の効率化
データセンター・サーバルームのデータを効率的に「集める」機能を標準搭載。
・設定した閾値を超える電力・温度になった場合、携帯電話のメールに自動通知する「アラーム通知機能」
・曜日や回路など、単位ごとに折れ線グラフや棒グラフを表示することでムダを分析できる「比較機能」
・サーバルーム内のレイアウトを視覚的に把握できる「マッピング機能」

4.データセンター利用者へのサービス向上
データセンター利用者が自らサーバの状態を「見る」「調べる」機能を標準搭載。
・データセンター利用者単位のエネルギー使用量を利用者自らリアルタイムで閲覧できる「Web公開機能」
・「アラーム通知機能」によるユーザー自身での状況把握

以   上

※本文に記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。


【この件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先】
総務部 広報・IRグループ 松本・仲本
TEL. 06-6377-0100 FAX. 06-6377-0833 E-mail press@ml.panasonic-denkois.co.jp

【この件に関するお客さまからのお問い合わせ先】
営業本部 ソリューション営業部
東日本第一営業所 TEL. 03-4335-9546
西日本第一営業所 TEL. 06-6377-0050

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事