logo

NTTドコモ、東京無線協同組合の協力により日本初のモバイルWi-Fi搭載タクシーをプロデュース

NTTドコモ、東京無線協同組合が日本初のモバイルWi-Fi搭載タクシーをプロデュース
車内で無料でWi-Fiが使えるタクシーが12月3日より運行開始!
~「日本Wi-Fi化計画」いよいよスタート!~

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、社長:山田隆持、以下:ドコモ)、東京無線協同組合(所在地:東京都新宿区)は、ドコモが販売を行っているモバイルWi-Fiルーターのプロモーションである「日本Wi-Fi化計画」の第一歩として、東京無線協同組合が提供する約820台の黒塗りハイグレードタクシーにモバイルWi-Fiルーターを搭載、12月3日(金)より都内にて運行を開始いたします。この試みは、モバイルWi-Fiルーターをタクシーという交通機関に搭載し、無料でご利用頂くことで、ドコモのFOMAネットワークのエリアの広さと通信品質、更にはモバイルWi-Fiルーターの利便性をより多くの方々に体感頂くことを目的としています。
また、今回は、移動時におけるWi-Fi環境という社会的なニーズを把握する社会実験としても位置付けられており、東京無線協同組合としても、快適なネット接続環境を備えたタクシーを提供することで、より多くのお客様へタクシーをご利用頂けるよう働きかけてまいります。
なお、本サービスの提供開始に合わせてスペシャルコンテンツを盛り込んだキャンペーンサイトも12月3日(金)よりオープンいたします。

【実施概要】
Wi-Fi搭載タクシー運行区域
東京都内

搭載対象タクシー
東京無線協同組合保有の約820台の黒塗りハイグレードタクシー

運行期間
2010年12月3日(金)~2011年3月31日(木)

利用料金
通常のタクシー乗車料金のみでご利用頂けます。

対象端末
モバイルWi-Fiルーター

その他設置物
PSP go(約820台のうち100台へ併設)

キャンペーンサイトURL
リンク ※12/3公開予定

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事